FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『監禁探偵』を角川シネマ新宿2で観て、面白いやんけふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★生唾ゴックンボディーありきだがそれだけではない】


夏菜がエッチい身体を惜しげもなく隅から隅まで見せながら

けっこうフェチっぽいエロげな衣装を着こなす、
実に分かってらっしゃる映画。

うんうんうんうん。

肉体的に監禁しつつ、
精神的にどうしても制圧できない美女は
童貞(及びその心を色濃く残したヘタレ)男子に取って
実に偉大なるマッターホルンの如く大きな断崖絶壁としての女その物なのである。

いやあ、神々しい。

踏破すべき難関を踏破し、春の雪解け水のような
湧き水を溢れさせたいとかも思うけど、
一応、それを補って余りあるドンデン返しの応酬にぶつかって
きちんと楽しめたりするのであった。
(謎解きミステリとしてはちょっと雑なところがある。それは残念)
ラスト近くで意味の展開を2、3転やらしたのは大変、立派。

甲本雅裕が普段の演技イメージをくつがえす役を飄々と演じていて良かった。



【銭】
映画ファン感謝デーで1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
監禁探偵@ぴあ映画生活

PS カンコンキン探偵はきっとクドイな。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/3492-1694eaf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)