ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『小鳥遊六花・改 劇場版 中二病でも恋がしたい!』を新宿ピカデリー5で観て、意図してなのか雑然としたままだふじき★★

五つ星評価で【★★楽しいは楽しいが雑然は雑然だ】

元がラノベで、TVアニメ化されたラブコメの総集編。どちらも未読、未鑑賞。

んーと、『AURA 魔竜院光牙最後の戦い』に設定が凄く似てるのは気のせい?
あっちは異質な者が社会の中で生きる生き方に焦点が当たっていて、
こっちは異質な者でもそのグループの中ではちょっと素敵な恋愛模様が繰り広げられるかもって、設定が同一でも書きたいテーマが違うからいいのか?

この物語はライトで軟派。男一人に女4人の部活だなんて妄想少年の夢でしかないよ。
TVは少年側から描かれていて、劇場版はその相手の小鳥遊六花(たかなしりっか)側から描かれている、と監督は言ってるが六花のカットが多いだけで、別に心情はそうそう分からない。
まあ、バカと言いたきゃ言ってもらって構わないのだが、
膨大なエピソードから劇場版を作るにあたって、繋がらないようなカットばかりで構成されてたり、最初に基本設定を明確にしないままずんずん話を進めてしまったり、明らかに「見た事がある人」が見る事に、甘えた作りになっていて、こちとら一見さんには分かりづらい以前に非情に作りが雑に感じてしまう。

話は分からなくはないし、こういう永遠の文化祭前夜みたいな緩いモチーフはまあ、ダメ人間としてとても気持ちいいの。だが、安直に主人公を変えた事で、そもそも何を言いたいのかよく分からなくなってしまった(に違いない)。小鳥遊六花はあくまで客体(イレギュラー存在)であってこそ強く光り、主体(自立した感情表現キャラクター)としては心もとない。

って事で女の子とかはなかなか可愛いけど、
この可愛さは童貞少年が処女にこうあってほしいと求める恥ずかしい可愛らしさだ。
「処女は初々しく恥ずかしがってくれえ」
心の叫びが聞こえてくるようだ。
まあ、私もそう言う呪われた童貞意識を捨てられない人間だが、実際、あんなキュンキュン恥ずかしがったりはしないだろう。もっと、生身、だよ。

この恥ずかしいとか、キュンキュンとか、赤くなるとか、などの肉体的特徴のみを極度にデフォルメアップして描くと『ねらわれた学園』になり、あれはあれではずかしい。


総集編を真剣に作るならともかく、
こんな雑に作って、いい小遣い稼ぎをしようなんて思ってちゃいかんぜよ。



【銭】
ピカデリーの鑑賞ポイント8ポイントを使って無料鑑賞(この制度も後4カ月くらい。ポイントいい感じで使い尽くさんと)。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
小鳥遊六花・改 ~劇場版 中二病でも恋がしたい!~@ぴあ映画生活
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/3606-f4a57217
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad