FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『舟を編む』をUCT豊洲6で観て、舟は漕がなかったがノリノリではなしふじき★★★

五つ星評価で【★★★あるあるは分かった。その先の情動が弱い】

辞書作り作業のとてつもない大変さ、という職業アルアルみたいなのはたいそう面白く見せてもらったけど、演出の石井裕也が感情をダダ漏れしながら増幅して、鼻水ズルズル涙でスクリーンが見れません的な素養の持ち主ではなかったので、「作った、大変だった、でも、できた」みたいに即物的に終わってしまった。味と言えば味だけど、そこはもっと馬鹿になってもいいんじゃないのか?

松田龍平の愛すべき変人っぷりは可愛いけど、この馬締という男が本当に孤独に孤独を重ね、自己を研鑽して、亡父松田優作が演じた『野獣死すべし』の伊達邦彦みたいになったらどうだろうと思うと、そっちの方がワクワクする。

で、そういう伊達邦彦みたいな松田龍平にバックからズコズコつつかれる宮崎あおいはとてもいいキャスティングなのだけど(表現露骨だ)、そうでない風采の上がらない松田龍平を好いてしまうのは何か理由がはっきりしない。そりゃあ一緒に暮らしてる事の機微ってあるだろうけど、決定打が何なのかねえ。
もしかしたら、同居してる婆ちゃんの呪いにかかってるのだろうか。だったら、その呪いの儀式が見たい。半裸の宮崎あおいの乳首に特製の惚れ薬を筆の先でチョチョチョチョチョチョ・・・いやあ、これは見たいけど脱線脱線。

とっても、ひょろーん、と生きてるオダギリジョーが、ひょろーん、と生きてるにもかかわらず締める所は締めて美味しい役。オダギリジョーって基本、ひょろーん、みたいな役ばかりだな。藤村俊二の線を狙ってるのか。いや、まだいくらなんでも若いだろ。「ヤング藤村俊二」みたいな企画が上がるなら適任だと思う。

あと、演技ではないかもしれないが、加藤剛の肉体の衰えっぷりと、それを冷静に切り取る撮影に、ぐっと来た。肉体にも撮影にも覚悟があると思うのだ。



【銭】
ユナイテッドシネマの金曜メンバー割引で1000円。この日は確か祝日の金曜だったのだ。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
舟を編む@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/3625-cc63fa8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)