FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『アルバート氏の人生』をギンレイホールで観て、グレン・クローズどうしたいのよふじき★★

五つ星評価で【★★カタルシスがない】

まあ、アクション映画じゃないから、橋壊しましたとか、鉄道爆破しましたとか、そういうのがないのは分かってるんですが、

「男装の女がいました。そこそこの暮らしをして生きてたけど結局死にました。」

程度の話で、何を訴えたいのかが分からん。
確かにグレン・クローズの男装女の演技は見るに値するし、そういう見世物としては面白いのだけど、話がどうにも盛り上がりに欠ける。結局、「アルバート氏」が生きていた事で、彼女自身や世の中にプラスを何も残せていない。あと、コミュニケーション障害かと思うくらい人の考えをくみ取れないグレン・クローズの演技にムカムカ。お前、馬鹿か、馬鹿なんだろう、とイライラ。やはり橋の一つや二つ爆破してほしかった。

ミア・ワシコウスカは外見可愛いけど
心が伴ってないとやっぱ「ええなあ」とは思えん。
アーロン・ジョンソンもこの映画では只の屑兄ちゃん。
舞台が現代だったら売れないロックバンドやってる手合いだ。

女子男装ものなら、片桐はいりが男の中の男を演じ切る
オムニバス映画『非女子図鑑』の一編『男の証明』を強く推す。
やっぱり、立てたキャラに魅力がない映画はつらい。


【銭】
ギンレイホール、会員証で入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
アルバート氏の人生@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/3637-b09f212e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)