FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『桜姫』をHTC渋谷3で観て、お前ら日南響子ちゃんに謝れふじき★★

五つ星評価で【★★悪ふざけはミッションを済ませてからだ】

悪ふざけが過ぎる。
いや、別に悪ふざけはいい。
悪ふざけはどっちかって言うと好きだ。
でも、ダメを出しているのは悪ふざけが、映画そもそもの目的である
主演女優・日南響子ちゃんを輝かせることをそっちのけにして、
醜く豚の悲鳴のように際限なく鳴り響いているからだ。

この映画で日南響子ちゃんは脱ぐ訳ではない。ビーチクさえも映らない。
でも、山のように濡れ場がある。
今までアイドルとして売っていた少女が
この映画を撮る事にはそこにそれなりの覚悟が必要になる筈だ。
そんな映画だ。

大人がそういうのを組んでやれよ。
大人はそういうのを忘れてお金が入ったから馬鹿騒ぎしようぜって、
変な遊びを優先させちゃいけないよ。

本人の資質の問題だってあるかもしれないけど、
主役の日南響子ちゃんが輝いていないよ。
いや、外見はそこそこだけど、それ以上が見えない。
それ以上は相手が素人なら、プロが引き出すしかないだろ。
昨今のあまりいい女優を使えない資金力のない成人映画の底力を見習ってほしい。

変に脚本に乱れた筋が多いし、キャラも多い。
キャラはそれぞれが中途半端で、人数が多いだけに混雑の元、
セクシー女優なんて、ちゃんと撮るなら色物除いて二人もいれば充分。
カサに頼って、カサが低レベルを露見させている。

そして、日南響子が惚れる盗人の青木崇高がとてもかっこ悪い。
ええと、俺はあれはかっこ悪いと思うよ、顔むくんでるし。
黒ずくめで、何か洗濯失敗して縮まったみたいな服だし。
いや、かっこ悪いならかっこ悪いで構わない。
何か一つ惚れる要素を作ってやればいいんであって。
そこが何もないから主人公への信頼感が減じてしまう。
この世の物と思えないSEXに惚れたなら惚れたでいい。
観客にそれを分からせないといかん。
それをちゃんとやらんと、桜姫は最初から最後まで只の頭の悪い家出娘にすぎない。


【銭】
テアトル系の水曜1000円均一サービス。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
桜姫@ぴあ映画生活

PS チラシやポスターの日南響子ちゃんを撮ったカメラマンだけを許す。
 ついでに、でんでんも許す。そんぐらいだな。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/3640-fd034c45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)