ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『REDリターンズ』をトーホーシネマズ六本木4で観て、お祭り騒ぎに茶々は無粋かなふじき★★★

五つ星評価で【★★★金太郎飴みたいにどこもかしこも面白いところが弱点】

金が掛かってて、全体、どこを切り取っても面白い。
それが売りであり、弱点でもある。
ずっと見せ場ということは(演出の腕にもよるが)
メリハリがなく、展開が平板ということでもある。
まあ、でも、面白いけど、もっと早業でテンポよくシュパっと切り上げてほしかった。

ただどこで切り取っても面白いので、宣伝用の素材は作りやすいだろう。
全体ちょっと長いので、
「蛙」か「ハン」か「昔の女」エピソードのどれかを削るくらいがいいと思う。

◆ブルース・ウィリスは鉄板。メイン・アクション担当。
◆ジョン・マルコヴィッチも鉄板。困り顔担当。
◆ヘレン・ミレンも活かしてる。ガン・アクション担当。
◆あれ、モーガン・フリーマンって死んじゃったんだっけ?
◆他のブログ記事読んでるとメアリー・ルイーズ・パーカーのキャラが成長と好意的に捉えられているが、個人的にはちょっとうるさかった。プロの仕事に口出すアマチュアのラッキー感が薄れて、技量がないのに無駄に口出してきやがって、みたいな。よし、この次は芦田愛菜と交代だ(バリ思いつき)。
◆アンソニー・ホプキンスは上手い使われ方。
◆キャサリン・ゼダ・ジョーンズは若いんだか若くないんだか。ビッグネームじゃなくてもよさそうってか。ビッグネームならユマ・サーマンくらいの綺麗どころを出してほしかった。ってか、何となくキャサリン・ゼダ・ジョーンズって取っつきにくい感がいつまでたっても抜けない。俺側の問題か。さーせん。
◆イ・ビョンホンの役って本当は爺の役でしょ。結果、イ・ビョンホンを出す事で新味と尻が出たけど、こんな何でもありな起用はいかん。

「見せ場よ」と言って、堂々と見せ場を演じるヘレン・ミレンが凄い。



【銭】
毎月14日はトーホーシネマズデーで1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
REDリターンズ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
REDリターンズ@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
REDリターンズ@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記

PS すんげえくだらないことを思いついた。↓
 「キャサリン・せんだ・ジョーンズだ。なはなは」
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/3700-2f77dd30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad