FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ヌイグルマーZ』を新宿バルト9-6で観て、ガッツはあるが普通じゃないのでふじき★★

五つ星評価で【★★井口の気の狂ったビジュアルは吉だが、構成力の弱さは凶】
  
原作小説未読。

マニアの琴線に触れる部分はいっぱいあるのだけど、
一般性に欠けるので、残念ながらごくごく普通の人には進めない。

井口昇が「好きな部分」というのは、とてもよく分かる。
でも、それを羅列するだけではなく、
物語として不自然にならないように構成して一般化して
ぐうの音も出ないように叩きつけてほしかった。
「好きな人が好きな部分だけ楽しんでくれればいいよ」ではなく、
「好きだろうが嫌いだろうがノリで楽しさの法悦境に叩きこんでやる」
ぐらいになっててほしかった。

えーと、物語性が弱いのだな。
プロレスみたいに因果が宇宙を切り裂くぐらいにハッタリかました物語が欲しい。

【ダメ部分】
トンマな話なので、リアリティとか必然性は最低レベルでいいのだが、
それでも基本設定として幾つかキッチリ伝えなければいけない物が漏れている。
・何故、ゾンビなのか?
・ゾンビはどこまで敵組織の支配下にあるのか?
・ゾンビじゃない敵(マンガ読み)はゾンビとどう違うのか?
・敵幹部は何故、ゾンビじゃないのか? ゾンビに襲われないのは何故か?
・そもそも正義(ヌイグルマー)と敵(アミグルマー)は同じ出自なのに
 その性能が異なるのは何故か?

甘ロリは情報としては目にうるさい。
市道真央(響子)が残念なことに単にでかい姉ちゃんっぽく映ってて可愛くない。
ショコタン(夢子)より若く見えない。
ショコタンの演技メリハリ(前半と後半)が分かりづらい。
ショコタン前半のコンプレックスが表層にしか見えないので感情移入しづらい。
市道真央側(響子)も堂々の性格ブスすぎて、これも感情移入しづらい。

4人組の美少女が美少女に見えない。
キャスティングと言っちゃうと可哀想なんで、
キャスティングがナニであっても、その気があれば、
もう少し可愛く撮ってやれるもんだろう、と思ってあげたい。

ラスの中川翔子はコンプレックスを乗り越えた故の中川翔子なのだろうけど、
えーと、分かりづらい。

赤ん坊爺いらない。

おならいらない。


【支持部分】
ショコタンが無茶苦茶、学芸会ライクな演技をしてるけど、
全体のバランスで考えて今回はこれでいいだろ。

武田梨奈がよすぎる。
男装の麗人もかっけーが、ヌイグルマーの決めの決まること、決まること。
ヌイグルマーの時の無表情ににこやかなお面付けた感じもベスト・アクト。

僕たちの工くんが楽しそうにどうでもいい役を演じてて良かった。

猫ひろしの圧倒的なコンプレックスの説得力が極大。
(「ニャー」とか言わさなかったのも偉い……たりめーだけど)

気持ちいいよ都市破壊。

踊るゾンビは割と嫌いじゃないよ。

変身したヌイグルマーの股間のカラーリングがエロいよ。

「特撮」の音楽はメロディーとして合う。
ボーカル音が抑え目で、歌詞の聞き取りが出来なかったのはちょっと残念。

血の表現がかっこよかった『ジャンゴ』を更に一捻りしてるみたいで超かっけー。



【銭】
シネマチネー1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ヌイグルマーZ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ヌイグルマーZ@徒然なるままに
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/3759-069276a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)