ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『バイロケーション(表)』を角川シネマ新宿1で観て、おおおおおおおおふじき★★★★(一部ネタバレ的)

五つ星評価で【★★★★おおおおおおおお騙された】
  
原作小説未読。

おら凡人だから素直に騙されただ。

役者は誰もが熱演してるけど、特に滝藤賢一が凄い。

酒井若菜がおばちゃんっぽくなってもた。

水川あさみの張りつめた顔は怖い。女性が好きそうな女性キャラだなあ。
逆に、普通に男の子が萌え萌えするような女性キャラがいない。
流石、女流監督。


問題の「『シックス・センス』を超える、衝撃的な結末。」というコピーは、
超えるほどとは思わないが、『シックス・センス』系としては
充分ビックリするような展開だった。ちゃんと機能している。

『シックス・センス』同様に、見終わると景色が変わる映画なので、
見直しも含めて『バイロケーション 裏』が見てみたくなる。
いいやり方だと思う。


【銭】
角川シネマの水曜1000円均一を使用。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
バイロケーション 表@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
バイロケーション 表@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
▼関連記事
バイロケーション 裏@死屍累々映画日記

PS やはり分身が本体を殺しに来る『アルカナ』はつまらなかったなあ。

※※※※※このあとネタバレ的※※※※※

PS2 基本的にこれは多重人格物の亜流である。
 同時に肉体的に存在するという点が新しいが、
 同時に肉体的に非存在であるにしても(通常の多重人格)、
 一方が一方の生活を蹂躙していく状態はほぼ変わらない。
 病状が高じて、自分で自分の姿を視認できるようになった場合
 (両人格がそれぞれの人格の存在を明確に気付いた時)、
 パニック状態になった両者はそれぞれを打ち消し合おうとする。
 そのパニック症状を視覚で確認できる状態をバイロケーションとするなら、
 二人分の肉体が揉み合っていなくても、脳内で争って叫び続ける状態でも成立する。
 実は本体と分身が一日の半分ずつを時間を違えて分けているという
 現実世界に即した物語にしても本当はこの作品は成り立つに違いない。
 その場合、分身側が本体を極度に嫌う場合は、
 トラップを仕掛ける等の手段が変わったりするだろうが。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/3762-b5a65edc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad