FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『テーター・シティ 爆殺都市』をHTC渋谷2で観て、ダメダメふじき★

五つ星評価で【★短いのに超だれ】
  
長い映画は体力的にしんどいので、短い映画が好きなんだけど、
こういう短くてもダレちゃうのに当たるんで困ってしまう、ってダレすぎやん。

それにしても『データ・シティ』だと思い込んでて、
ポスター図案から『トロン』みたいな映画だろうと踏んでたら、
『テーター・シティ』だった。「テ」に濁点ないのね。
「テーター」って何やねん、と思ったら町の名前なんである。
だから、これは日本だったら『爆殺都市・名古屋市』みたいな題名。

ジャンルはゴア・スプラッタで、
どっちが善とも悪ともつかない二つの勢力が
どっちがどっちだか、あまり見分けも付かない状態で、
ひたすら血を流しながら殺し合う。
飽きる。
どんな凄いスプラッタでも、やってる事は延々同じだとどうにも飽きてたまらない。
90分、バナナの皮に滑って転ぶだけの映画があったら飽きるだろ。
そんな感じ。

キャッチコピーは「この都市は異常だ!!」なんだけど、
異常なのは映画ですね、よくない意味で。


【銭】
未体験ゾーンの映画たちリピーター割引で1000円なんだけど、
その前に水曜割引で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
テーター・シティ~爆・殺・都・市~@ぴあ映画生活
▼関連記事
アダム・チャップリン@死屍累々映画日誌

PS 次に企画してほしいのは
 『フィンランド式残酷テーター・シティー』
 いや、それはちゃうやろ。
スポンサーサイト



コメント

こんばんは!

アダムチャップリンは
本作よりは見れる作品であったってところが
順番としてはおかしいですね?
なんか、この作品最後でお姉ちゃん(主人公)が
反旗を翻るような感じでしたし

  • 2020/01/13(月) 19:57:22 |
  • URL |
  • maki #jQTfdwCM
  • [ 編集 ]

Re: こんばんは!

こんちは、makiさん。

> アダムチャップリンは
> 本作よりは見れる作品であったってところが
> 順番としてはおかしいですね?

お前なんかロンリー・チャップリンになってしまえ!(意味不)

  • 2020/01/13(月) 23:54:35 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/3788-a3a3f5e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

テーター・シティ 爆・殺・都・市

【概略】 シード・システムと呼ばれる装置で管理されるテーター・シティに現れたミュータント殺人鬼に、特殊精鋭部隊・バイカーズが立ち向かう。 アクション .0★★★☆☆ あの「アダム・チャップリン」の監督ジェリオ・デ・サンティさん…といえば、どういう内容なのかなんとなく想像できる(笑) 短尺ですが中身はスプラッターが濃い。 犯罪者の死体の肉をハンバーガーにして一般市民に食べさせ、洗脳や抑圧さ...

  • 2020/01/13(月)19:57:41 |
  • いやいやえん