ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『小さいおうち』をトーホーシネマズ府中8で観て、黒木華ええのうふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★黒木華だなあ】
  
もちろん、断然タキちゃん派です。

器量が悪いなんて本人に言わせるのは酷なシナリオだなあ。
確かに整っていると言うよりは、昔風の「おかめ」な顔立ちであるのだが、
愛嬌があって可愛い………けど、それが現代になって
物言いが粗暴な倍賞千恵子になっちゃうのには軽く落胆する。
納得はするものの、間がなく一足飛びである事も確かだ。

どちらかというと揺れ動いてしまう奥様、松たか子より、
立ち位置がはっきりしていて、常に甲斐甲斐しく動きながら笑顔を絶やさない黒木華にベルリンを初めとする世界は大和撫子を強く感じたのかもしれない。

「あんなに美しく」という美しさを個人的に松たか子から感じないのは私だけ?

そして、その二人が一瞬だけ対立するあの場面での、
松たか子の猛獣のような息づかい。
後に分かる黒木華のきっと自分を騙しながらの裏切り、
そして戦後、伝わってくる消息から受ける松たか子の静かな安寧。

画面に映る物、映らない物も含めて、いろいろ予想が出来る。
予想を成立させるほど、キャラや世界観が出来上がっているという事だろう。


他、キャストなどの覚え書き

片岡幸太郎。何だか昔の小林薫みたいな「ちょうどいい普通の人」を演じられる人。
 片岡鶴太郎と一文字しか違わないが大違いだ。
妻夫木聡 「妻夫木聡」を知ってるから、そんなに若く見えない。
 「お婆ちゃん」と言ってるが血は遠そうで、系図的な関係が見えないので、
 二人の関係が掴みづらかった。
 普通「お婆ちゃん」と言えば「祖母-孫」と思うだろう。
中島朋子 中島朋子登場シーンだけ百合っぽくて、空気が違う。
 キャラとしてはいらなかったのではないか。
ラサール石井 いつも同じだけど、この人はこれで良し。
林家正蔵 松村邦弘かと思ったけど、この人はこれで良し。
蛍雪次朗 成人映画時代の蛍雪次郎なら、奥様に関係を迫った筈だ。
 ついでにタキちゃんも言いくるめて、みたいな『地獄のちいさいおうち』
 ちょっとだけなら見たい気がする(気が重いから滝田洋二郎のコメディーで)。
木村文乃 山田洋二映画に似つかわしくなさげに見える現代美人
 (と言うほどキッチリ山田洋二を見てないけど)。
 ボンクラに見える妻夫木聡とどうしていい関係なのかが分からない。
 妻夫木聡のチンチンがでかいのかな。 
笹野高史 あれだけ納得して嫌われる役柄も凄い。
 モグラだかネズミだかに嫁入れさせられそうになる親指姫の気持ちを
 タキちゃんで追体験する。どう考えても松金よね子の姑も嫌だし。
 笹野高史の方が松金よね子より年上でも何らおかしくないけど。
 そんな可哀想なタキちゃんもちょっとだけなら見たい気がする
 (気が重いから滝田洋二郎のコメディーで(でも濡れ場付きで))。


【銭】
チケット屋で前売券を600円でGET(底値は350円というのを見かけた)。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
小さいおうち@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
小さいおうち@ノラネコの呑んで観るシネマ
小さいおうち@迷宮映画館
小さいおうち@映画的・絵画的・音楽的
小さいおうち@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

PS 超解釈
 引越屋が「これ、どうしますか?」と声をかける絵。
 イタクラショウジのものである。
 戦前、この絵が描かれたり、贈呈されたりの描写はない。
 すると、戦後、タキとイタクラは会っていた、という疑惑が沸く。
 更に推し進めて、クロッキーの絵と発表した絵は画風が全く異なる。
 実はタキはイタクラのゴーストライターだったのだ。
 「私は長く生きすぎた」、なるほど、ゴーストの方が長生きしてしまったのである。

 えーと、嘘です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/3826-767d87a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad