ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『かしこい狗は、吠えずに笑う』『箱入り息子の恋』をキネカ大森3で観て、今頃感想ふじき★★★★★,★★★★

どんどんどんどん忘れつつある。頑張れ、俺の記憶力。

◆『かしこい狗は、吠えずに笑う』
五つ星評価で【★★★★★すげえ展開に息を呑む】

なんて狡猾に話を転がすのか。
徐々に破綻していく関係に心を痛めていると
その先の光景で自分の考えの甘さを思い知らされる。

こういう話を成立させることが出来るからこそ、人間って面白いんだと思う。

一方的に誉めて、話に付いては仄めかす程度で何も書かない。
それがこの物語への誠意だ。
まあ、見てくださいとしか言えない。そういう映画がたまにある。
爪痕を残す事だけは保障しよう。映画に対して「保障」なんて滅多にしない。
「保障」するだけの価値がある映画だと思う。



◆『箱入り息子の恋』
五つ星評価で【★★★★いい映画だよ】

二回目。
夏帆ちゃん可愛し。ああもう畜生、吉野家万歳。
利き腕ぶつかりを気遣って座席を変えた星野源への
夏帆ちゃんの「おやおや」反応良かったなあ。
二回目に観たからこその発見もあったと思うのだが、
今となっては全て忘れてしまった。
感想は早く書かんとあかんな。
あ、思い出したかも。これかな?

星野源の上司役は古舘寛治。『受難』で女性性器に付く人面祖を演じた
国内唯一のプッシー男優である(少なくとも私は他に知らない)。
あああああ、夏帆ちゃんに憑いてもらいたい気もちょっとだけするなあ。


【銭】
キネカ大森3回使える名画座専用回数券を使って1000円で鑑賞。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
かしこい狗は、吠えずに笑う@ぴあ映画生活
▼関連記事
箱入り息子の恋・一回目@死屍累々映画日記
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/3854-553a36bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad