ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ウォルト・ディズニーの約束』をUCT5で観て、物語を守ること壊すことふじき★★★(ネタバレ・・・かな)

五つ星評価で【★★★ディズニーとトラヴァースのどちらを支持するかで言えばトラヴァース】
『メリー・ポピンズ』原作は未読、映画は大昔見た筈だけど記憶が曖昧。

ディズニーのお約束と言えば、
ミッキーの耳が重なって一つにならないというのがあります。関係ないですね。

『メリー・ポピンズ』の作者トラヴァース女史とディズニーとの間の映画化を巡る血で血を争う熾烈な戦いの日々を描く。

どうも、けっこうみなさんディズニーに同情的なのであるが、
トラヴァース夫人に対しての方が私は同情する。
簡単に言うと、『アナと雪の女王』である。
原作を原案にしてしまう改変。あれは一番極端な例だと思うし、
ウォルト・ディズニー自身は関わっていないけど。
でも、ウォルト・ディズニーの精神は伝わってくるのではなかろうか?
ウォルト・ディズニーが原作付きの映画を作る時、
原作精神の再構築以上にディズニー作品への塗りつぶしを優先してる気がする。
一目見て、ディズニーと分かるパッケージング。
そして、原作の題名の知名度は上がるが、実物が手に取られなくなる。
ディズニーによってその物語が征服されるのだ。
それは抵抗して当然じゃないか。

という事で、エマ・トンプソンの涙の
「ペンギンの部分がひどすぎて」という照れ隠しセリフは、
大事な一線は守り通したという安堵とともに、
守り通せなかった些細な部分も山ほどある、という本音だろう。
ディズニーにもう少しデリカシーがあったら、
本当のペンギンを調教は出来ないにしても、
カトゥーン丸出しのアニメにはしなかっただろう。
資金面の問題か、技術面の問題か、それとも他に真意があるのかは分からないが、
もっと原作のテイストに合う映像化はやれば出来た筈だ。
ディズニーはそれをあえてしなかった。ディズニーテイストにして、
自社ブランドである事を誇示した、そうなんではないかと思っている。
だから、トラヴァース女史には同情する。
こんな話を又、商売にされちゃったりするし。
死ぬまで、いやいや死んでからもしゃぶられるのかヨ。

って意味でディズニーを「自己を押し付ける人」と考えると、
トム・ハンクスは適任。役に合わせるよりも、役を合わせる。
つまりトム・ハンクス本人がトム・ハンクスの個性をあまり減じないタイプだから。
とは言え、直前が『クラウド・アトラス』だったから、
何だかあの延長上に見えてしょうがなかった。
相手役がハル・ベリーだったらバリバリのスピンオフだと思っただろう。
ディズニーの父ちゃんの話がちょっと『ペコロスの母に会いに行く』を連想させた。
ええい、早く禿げてしまえ。

役者で言うと、運転手のポール・ジアモッティーが、
善人であるだろうけど、意外と内面が分からない感じでよかった。
彼の秘密が「自分が連続殺人鬼であること」とかじゃなくてよかった。


もう一人。
ミッキーマウスについて。
トラヴァース夫人が最初に着いたホテルで、
ディズニーからのありがた迷惑な歓迎のギフトを片づけて
最後に一体だけ片づけ損ねた縫いぐるみのミッキーに
「洗練さを学びなさい」と諭した場面は実によかった。

さて、洗練さとは何だろう。
スマートであること? 動きなどの所作が美しい事?
ネット辞書で引くと「優雅で品位の高いものにみがきあげること」。なるほど。
ディズニーの「ええがな、ええがな、みんな友達さけ仲良くやったらええがな」接待の正反対ということだ。多分、ディズニー社の一から十までが洗練ではない。
ミッキーもそういう世界でずっと暮らしてきたから洗練さを学ぶのは大変だったろう。
最終的にトラヴァース夫人は試写会場のチャイニーズシアターでミッキーと出会う。
ミッキーは実に洗練された仕草で彼女をエスコートするのである。
そして、何時までも洗練されない彼の生みの親のディズニーと、
その親から作られた洗練されてない映画『メリーポピンズ』に彼女は出会う。
なんて皮肉な。
洗練されていても、洗練されていなくても、そこに心が籠っていることが大事なことである。大事なことなのではあるが、その物語は彼女だけでなく、彼女の父親についても述べられる物語であるのだから、自分の姿形は道化のように描かれたとしても、父親については洗練された姿形で描写してもらいたかったのではないだろうか。そう思わなくもないのである。もっとも洗練から遠い人間に彼女がこの物語を渡してしまった時点でそれが適えられない事だったとしても。

最後に志村喬が出てきて「勝ったのは我々ではない。勝ったのはディズニー達だ」と言いそうなレビューになった。そうだな、菊千代的だな、ディズニーって。


【銭】
金曜UCT会員デーで1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ウォルト・ディズニーの約束@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ウォルト・ディズニーの約束@タケヤと愉快な仲間達
ウォルト・ディズニーの約束@ラムの大通り
ウォルト・ディズニーの約束@ペパーミントの魔術師
ウォルト・ディズニーの約束@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記
ウォルト・ディズニーの約束@優雅的生活
ウォルト・ディズニーの約束@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

PS 約束してディズニーに『メリー・ポピンズ』を作ってもらった娘が映画を観て、
 「これは全然『メリー・ポピンズ』じゃない」と怒るみたいなエピソードは
 ないんですかね?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/3864-31364b88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ウォルト・ディズニーの約束』 原作者が出した驚きの条件

 【ネタバレ注意】  そんな条件を出したのか! それはあんまりじゃないの!?  映画『メリー・ポピンズ』が大好きな私は驚いた。 ■ウォルト・ディズニーを描いたはじめての映画  『ウォルト・ディズニーの約束』は、オーストラリア出身で英国を拠点に活動する児童文学作家P・L・トラヴァースと、アニメーション映画の巨人ウォルト・ディズニーの攻防を描いた作品だ。攻防とは穏やかでは...

  • 2017/10/13(金)23:22:10 |
  • 映画のブログ

FC2Ad