ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『パトレイバー THE NEXT GENERATION』をUCT8で観て、俺はダメふじき★★

五つ星評価で【★★どうでもいい事を細かく描写するのは手法として古くないか】  
昔のパトレイバーは漫画と劇場版のみ鑑賞。

エピソード0とエピソード1からなる。
エピソード0は特車二課の生き字引整備班班長による特車二課の歴史(愚痴)。
新作と旧作の橋渡しを簡単にしておきましょうというお浚い。

エピソード1は
何も仕事がなく、待機、待機、という日常の描写。
こういう描写はアニメや漫画のエピソードになくはないが、
初回からやるのは珍しい。こういうのは客も作り手も慣れてきた頃に
合意の息抜きとして一回くらい忍ばせるのだ。

一回目はやはり普通は物語の背景、登場人物の紹介、見どころなどを盛り込む。
じゃあ今回は待機でダレダレになってる隊員が見どころなのか?
いや、単純に押井守が作りたくなかったから手を抜いたのだろう。
これだって間違えてないし、成立はするから。
って事で普通に燃える要素がない。
事件は起こるが展開はコメディーみたいである。
それはリアルかもしれないが、フィクションだから嘘でいいのだ。

主役、真野恵里菜は可愛い。
イングラムのコクピットに収まった姿は中々ゾクゾク来る物がある。
ただ「泉野 明(イズミノーアキラ)」という名前が
前作「泉 野明(イズミーノア)」のモジリなのが気に食わない。
全然別人として話を構築するなら、こんなくだらない遊びはいらん。
遊びじゃないとしたら次元が低すぎる。

あと、整備班が多すぎる。
本当にあれだけの人数が必要かどうかは分からないが、
あれだけ人がいるなら、特車二課を潰して、搭乗も整備班がやればいい。
だって、乗り込んでるメンツがそんな特殊に見えない。
あれなら整備班要員でも置き換え可能でしょう。

ダラダラの内容を「うわぁー素敵」と思えるほど心は広くない。
ふかわりょうのコントあるあるネタみたいなのをパトレイバーで
(スパイスとしてならともかく)がっぷり四つで観なくてもいいかな。

ってことで今一。


【銭】
金曜UCT会員デーで1000円だったが、これは特別料金だから1200円のままだった。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
THE NEXT GENERATION パトレイバー 第1章@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
THE NEXT GENERATION パトレイバー 第1章@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
THE NEXT GENERATION パトレイバー 第1章@西京極紫の館
THE NEXT GENERATION パトレイバー 第1章@はらやんの映画徒然草
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/3872-342aa4f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad