ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『さよなら渓谷』をギンレイホールで観て、すげえな真木よう子ふじき★★★★★

五つ星評価で【★★★★★真木よう子に尽きる。他のキャストも素晴らしいが、真木よう子に集中するように映画が作られている】
原作未読。

真木よう子は今、日本で一番「セックスの見せ場がすげえ女優」だと思う。
現在、他に並ぶ者を思い浮かべる事ができない。
いやあ、凄いし、良かったし、それだけでもなかった。

薄皮を剥ぐように、二人の関係が丸裸にされる。
過去に向かうにつれ、明らかになる二人の心の柔肌、
これを丹念に丹念にフィルムに転写していく。

「愛」とか「恋」と言うには、過酷な関係。
魂を常に裏切りながら依存しあうような関係、

最後、真木よう子が取った決断は、
生活よりもあるべき理屈を優先させた結果だろう。
とても難しい。どこか宗教のようですらある。

その決断を甘受しながらも、
更にその理屈に屈したままではいれそうにない男を映して物語は終わる。


真木よう子はもちろんいいが、
その連れ合いになる大西信満の強い弱さだか弱い強さだかがいい。
二人を追う事で、二人の歴史を追体験する記者役に大森南朋と鈴木杏。
懐深いな。この二人がベーシックとして機能しつつ、
真木、大西と共感できないと全て崩れるのだが、そこは達者なものだった。

あと、端役なんだけど、新井浩文が唾を吐きたくなるような役で、
実に仕事として安定してるなと感じた。
最近の新井浩文は出る映画出る映画、ひどい奴である。
素に思えるのは大したものだけど、役者としては安定しすぎて気がする。

あ、真木よう子濡れ場以外も全てのシーンがいいです。


【銭】
ギンレイホール、会員証で入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
さよなら渓谷@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
さよなら渓谷@映画的・絵画的・音楽的
さよなら渓谷@迷宮映画館
さよなら渓谷@ノラネコの呑んで観る映画

PS 総論は「映画的・絵画的・音楽的」さんをはじめとする
 初期TBのコメントの方に書いてしまった。
 徹底的に打破されたりするかもしれないけど、
 気にかかった人は上記にリンクを張っているのでそっちも見てください。
PS2 公開当時「さよならK子くん」って映画の方が見たい、なんて
 言ってたなあ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/3875-7ccb4aab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad