ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『愛の渦』をテアトル新宿で観て、単純に麦ちゃんプッシュふじき★★★

五つ星評価で【★★★麦ちゃのセックス】  
原作未読。

門脇麦ちゃんがかーいくて好み。
割とそれだけっぽいところもあるけど、お話も見せる。

一か所気に食わないのが、乱交パーテイーの映画なのに、
けっこう皆が皆、コミュ障っぽいところ。
さっさと話せよ。話も切り出せず、次の地点に進める訳ないだろ。
原作、脚本、監督の三浦大輔は実地で体験してから脚本を書いたらしいので、
このぐらいの、おっかなびっくり感が現実なのかもしれないが、
そのチェリーボーイっぽい踏み込みの悪さにちょっとイライラした。

男4女4(後から追加カップル1)の組み合わせは実によかった。
混同がなく、すぐあの人と思い浮かべる事が出来る。

折衝や、感情の行き違いはきちんと処理されてて、見てて面白い。
であるが、やっぱり見せ場はセックスだ。
そればかりやってる訳ではないが、普通に面白い。
でも、映画自体が長目(123分)なので、
セックス場面(かなり短い)だけを目当てにもう一回見たいほどではない。
許してもらえるならダイジェストで見たい。


最後、池松壮亮が言われる「それは素敵なことですね」が切ないけど、唯一の救いなのかもしれない。あと、自分の性欲をプラスに考えられない彼女の悲しさにも聞こえる。

【銭】
テアトルのメンバー割引で1300円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
愛の渦@ぴあ映画生活

PS 窪塚君の高音ボイス軽くっていいな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/3877-f2558636
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad