ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『サロン・キティ』『刑法175条』をシネマヴェーラ渋谷で観てダレダレと175は傑作ふじき★★,★★★★

特集上映「ナチスと映画Ⅱ」の1プログラム。


◆『サロン・キティ』
旧邦題『ナチ女秘密警察/SEX親衛隊』
五つ星評価で【★★何ともティント・ブラスだなあ】

やっぱ旧邦題の方がしっくりくるな。
ナチスのゲシュタポ将校が娼館サロン・キティで
愛国子女を選抜して高級娼婦にしてドイツ軍人・政治家の
夜の情報を集めるが、いろいろあって内部壊滅。

20人くらいの愛国子女が「国を愛するなら服を脱げ」と言われて、
ためらいなく脱ぐ冒頭が美しい。うん、ドイツ女の裸は美しい。
ヘアまで普通に見えてボカシなし。

野郎が出てくるとはみ出てる外性器(チンコ)の分、ボカシが入ってしまう。
しかし『カリギュラ』で有名なティント監督、
脱がしまくり、ボカシまくりで、
ボカされると筋が分からなくなるようなキーめいたボカシもあり、
もっと薄モザイクみたいなボカシにできんのかなあ。

とりあえず、姉ちゃんの裸は堪能できる。



◆『刑法175条』
五つ星評価で【★★★★おもろい】

収容所に収監されたドイツのゲイについてのドキュメンタリー。
イギリスの耽美ゲイ映画『アナザー・カントリー』
主演したルパート・エヴァレット(本人もゲイをカミングアウト)
がナレーター。なかなか気が利いている。

そして知る。かってのドイツがゲイ大国だったことを。
ユダヤ大虐殺の時に集められた男のゲイ1500人のうち
10人しか生き残れなかったことを(女性のゲイは矯正可能として未収監)
ゲイは収容所の中でも最下層でユダヤ人からも差別される。
「汝、罪なき者のみ石礫を投げるがよい」あっ、キリスト教じゃないから
ユダヤ人にこの考えはないのか。どんどん投げてしまう。

それにしても第一次大戦と第二次大戦の間に咲いた
ベルリンのゲイ文化がちょっと垣間見えるだけでも素晴らしい。
男の写真も女の写真もみな、美しい。
あれじゃホモになるかもしれん感じの神々しさすら感じる。
軍服着た女のレズ写真とかに超・萌え

刑法175条:獣姦・同性愛は有罪。
つい、こないだまで生きていた法律で、
ナチス時代を国をあげて反省して、
今、ドイツは同性愛に優しい国であるらしい。
ナチスと同性愛が一部両立していた時代があるなど、
色々、隅から隅まで面白い映画。


【銭】
シネマヴェーラの会員割引で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
サロン・キティ@ぴあ映画生活
刑法175条@ぴあ映画生活
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/3883-0c52aab3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad