ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『吉祥寺の朝日奈くん』をバウスシアター1で観て復習ふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★復習が大事な映画もある】  
THE LASTBAUS Aプログラム「バウスを巡る映画たち」の一本。
公開時に見てるので、これは二回目。
2011年の自分の邦画ベスト1である。うん、見直したかった。

というのは、『シックス・センス』みたいに
一回見た後に見直すと意味が変わる映画なのだ。
犯行現場を後から確認するようにして楽しんだ。
星野真里も桐山漣も繊細な演技をしてるんだなあ。

ドキドキする。

桐山漣はこの後に見た『L・DK』にも出てて、
同じように青年役ではあるものの随分、骨格がしっかりして男らしくなってた。
短期間でグングン変わってくんだなあ。
そして、映画にも映っているバウスシアターで、この映画を観て、
バウスシアターも近日中に閉館を迫られている。
たまらんなあ。

久しぶりに行って確認したが、
バウスシアターの舞台はムチャクチャ広かった。
豪華豪勢。その立派振りにちょっと震えた。
シネコンなどが出来た時、おざなりになっちゃうのが舞台。
普段、使わないからね。
でも、舞台の奥行きが広くて、
劇場の最前列とスクリーンまでの間に距離がある映画館は
観客が見やすいいい映画館である(経験則)。


【銭】
興行均一料金1300円。

▼関連記事。
吉祥寺の朝日奈くん・初回鑑賞時感想@死屍累々映画日記
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/3895-035bf1d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad