ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『相棒 劇場版Ⅲ』をトーホーシネマズ日本橋5で観てそこそこあそこふじき★★★(ネタバレあり)

五つ星評価で【★★★制作側の意欲は買うが娯楽として小玉だ】  
「相棒」は映画だけ観てます(TVはたまにチラ見程度)。
「相棒」という器を使って、国防論を書きたかったのは分かる。
最後に伊原剛志が捲し立てる狂気の論理が、
大きく逸脱して異常に見えない点も面白い。
捜査が政治に左右される中、解決点を模索するのが
『相棒』というドラマの特徴だと思うが、
その辺はキッチリ抑えられてる。

問題なのが事件の大きさで、
映画にするほど大きな(ゴージャスな)事件に見えない。
いつもの単発ドラマ、もしくは、時間拡大枠くらいで足りそう。
もしくは、別の二人組による「スピンオフ相棒」くらい。
これきっと「島」じゃなく「村」でも成り立ちそうな話だし。

推理ドラマの線が妙に弱いのも気になる。
最終的に凶器として使われた蹄鉄は出てこない
(蹄鉄の数の偽装が行われただけで、
 殺人を立証するものは状況証拠しかない)
それと、犯行目的から言えば、誰が犯人でも困らない
(全員の共謀でもおかしくない)。
やはり犯人が降参しなければ逮捕できないだろう。

ただ、個人的には釈ちゃんが、涙をのみながらいやらしい事を強いられるような淫靡な役、という脳内補完を済ませて頭の中で再構築したりするのが楽しいので、この話はこの話で嫌いじゃない(ダメ俺)。


【銭】
映画ファン感謝デーで1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
相棒-劇場版III-巨大密室!特命係 絶海の孤島へ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
相棒-劇場版III-巨大密室!特命係 絶海の孤島へ@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
相棒-劇場版III-巨大密室!特命係 絶海の孤島へ@ここなつ映画レビュー
相棒-劇場版III-巨大密室!特命係 絶海の孤島へ@Akira's VOICE

PS 謎の発見。
 目の前に三種類のチラシがある。
 ①メインビジュアルの「島」にタイトルがかかってるB5サイズ
 ②ジャングルを走る主役二人がビジュアルのB5サイズ
  コピーは「全ての謎を終わらせる。」
 ③主役二人の顔のアップを大きく配置したB4サイズ
  コピーは「相棒史上、最高密度のミステリー。」

 ②③にはデザインの右下に「Not for Sale 💛 」と筆記体で
 署名みたいな文字が書かれてる。何だ、これ? 「非売品」って?
 チラシ自身の事か? だったら①は売っていいのか?
 ググってみたら、「相棒」の初日プレゼントなどに
 「非売品 💛 」みたいにシャレた筆記体で入ってるのが、
 チラシにも波及した模様。「はきゅーん 💛 」
 コレクターズ・アイテムって事か。
 「非売品だけど、非売品だから価値があるのよ~ん 💛 」
 みたいで微妙な表現だな。
PS2 「全ての謎を終わらせる。」ために、
 犯人が自分の身体でパンデミックを仕掛ける、くらい
 その気になった映画だったらやるよね。
 「相棒」でそこまでやっても収束できんだろうからやらんのは正解だけど。
PS3 あと、予告編で使われたBGMが『万能鑑定士Q』の予告BGMと
 同じのはどうかしてくれ(って、それはどっちかってと『万能鑑定士Q』側か)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/3897-3161dbd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad