ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『彼とわたしの漂流日記』をキネカ大森2で観て、アイデアと映像化する力が凄いよふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★キュートで変だけど、人生を応援してくれる好編】
下馬評がかなり良かったので見たかったんだけど、
中々映画館でかからず、やっとかかったので見てみたらすんげ面白かった。

漢江で入水自殺しようとして、中州(島くらい大きい)に流れ着き、
泳げないので中州から脱出できず、そこで自活するようになる男と、
その男の生活を対岸のマンションから望遠鏡で発見し、
接触を試みようとする引きこもり女子の邂逅を描く。

もう♂も♀も可愛くってたまらん。
♂は野生生活を送るうちに体は汚れていくが気品が上がっていって、
キリストっぽい容貌になっていく。
なるほど全ての人生を外界にゆだね、
誰の迷惑にもならない彼の暮らしっぷりは
♀以外誰一人としてその生き方を知らない事を除けば聖人みたいかもしれない。

♀は対人折衝で一歩を踏み出す勇気が持てない。
彼女は無色透明で、カメレオンのようにネットに溶け込むが、
誰にも本当の彼女を見せないし、
そこにいる有象無象は実は彼女の潜在的な敵なのだ。

そんな彼と彼女の奇跡のような一瞬の出会い。
いやあ、こんなありえん話を
劇的に高らかにファンファーレ鳴らすみたいなのが本当、映画だよ。


【銭】
特別料金1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
彼とわたしの漂流日記@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
彼とわたしの漂流日記@タニプロダクション
彼とわたしの漂流日記@カノンな日々
彼とわたしの漂流日記@みんなシネマいいのに

PS 私、顔に痣のある女の子フェチなので、♀はドンピシャです。
PS2 にっかつの『生贄夫人』だったら、
 この後、絶望した個別の♂と♀がそれぞれとんでもないプレイにって、
 何でそんな連想をしてしまうか、俺!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/3901-f33678e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad