ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『斬る』『可愛い悪魔』をシネマヴェーラ渋谷で観て、岡本流石やなふじき★★★★,★★

特集上映「岸田森特集」の1プログラム。


◆『斬る』
五つ星評価で【★★★★主役じゃないけど岸田森は美味しい役】
多分、名画座で観てて2回目。

岡本喜八はおもろいねえ。おっ、白黒けえ。あっ、これ観ちょるわ。
お家騒動で散らされそうな若い武士の命を侍を捨てた無宿者が
命を賭けて守ろうとする岡本版の『椿三十郎』みたいな映画。
原作が同じ山本周五郎だから筋が似てるらしい。
『椿三十郎』より、こっちの方が好きだな。
『椿三十郎』のお道化者は三船敏郎だが、ちゃんとしているからなあ。
『斬る』では仲代達矢、高橋悦史がそれぞれ、ちゃんとしてないのが
何だかホッとする。
その代わりに、ちゃんとしてるのは悪い側なのに大悪に裏切られる岸田森。
かっこええわ。
仲代達矢の締める時だけキッチリ締める融通や、
高橋悦史の明るい田舎もんっぷりも魅力ある。みんなはぐれ者で可愛い。



◆『可愛い悪魔』
五つ星評価で【★★怪作】
大林信彦初のテレフィーチャーだそうである。
とてもベタベタな演出に身体の疲れが負けて寝てしまった。
岸田森特集なのに、岸田森が出てくるところをグッスリ行ってしまった。
ちっ、俺のダメ人間め。
どこか吉高っぽい秋吉久美子。
ポロシャツにネクタイするマッチョ渡辺裕之。
明らかにまずい役どころの南らんぼう。
そんなに可愛くないのにロリ記号満載の少女。
タイトルで既にネタバレ。
と、『ハウス』から家をなくしたみたいな大林らしい映画。


【銭】
シネマヴェーラの会員割引で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
斬る〈1968年〉@ぴあ映画生活
可愛い悪魔@ぴあ映画生活
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/3911-ea5a4a85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad