ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『BELLRING少女ハートの6次元ギャラクシー』をバウスシアター3で観て、楽しい罰ゲームくささふじき★★★

五つ星評価で【★★★ある意味、アナ雪の向こうを張る映画】  
ベルハー(主演アイドル)という存在は名前だけで、
実際の姿を見たのは今回が初めてだ。
アナ雪の向こうを張る映画である。
というのは、「歌」を売りにして、まんまと大儲けしたアナ雪と比べて、
驚くべき歌唱力の低さ。えっ、これでプロなの。機材さえ与えれば、
カラオケのJKの方がもっと上手さを感じさせるかもしれない。
ともかく誰の唄も「声の伸び」を感じさせない。
「玉石混交」と言うほど「玉」を感じない。みんな「石」っぽい。
均等にそこそこ魅力がない。

「異色」というか「異物感」だけで勝負してる。
そしてまあ、それはそんなにイヤな感じがしないのだ。
お遊戯女子に、それを愛でるオタクども。
お遊戯女子はミニを穿いて足とか見えるけど、
その足がセクシーじゃなくって、悪い意味で、幼い。
園児っほいっちゅうか、それで感じたら鬼畜……みたいな。

「ゆるめるモ!」「黒崎れおん」「細身のシャイボーイ」と三つのユニットが
映画内で歌を披露しているが、どこもベルハーよりは、
ちゃんと歌になっている。
そして、どっちかと言えば、ちゃんとしている事が彼等のデメリットなのだ。
立派とか人並みとかメリットとして語れない世の中なのだ。

6人の中では銃を撃って落ち込んでラップを歌う女の子に、
強い「地味女の子」オーラを感じてしまって気になった。
しかし、女の子にメリハリ付けない演出も雑だな。
知ってる人だけを対象に絞った潔い覚悟なのかもしれないが。
まあ、確かに、このチラシ見て、非関係者が見に来ることは少ないわな。

怪獣のデザインは優れているけど、
21世紀にもなって、糸で引っ張って動かして、
なおかつ、その糸が画面に見えてるって、そんなんに出会うとは思わんかった。

宇宙人のデザインはリアリティーある異人感が素晴らしい。
特筆すべきなのは亜紗美の声の素晴らしさだ。
上手いし、綺麗だし、女優やのう、姐さん。

お話は適当だけど、
そういうのがどうのこうのって映画じゃないからいいと思う。


【銭】
月曜に見に行ったのでバウス、メンズ割引で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
BELLRING少女ハートの6次元ギャラクシー@ぴあ映画生活
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/3928-68afdd08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad