ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ヘンゼル&グレーテル』をシネマカリテ1で観て、娯楽はこうじゃないとふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★娯楽とはいかにバカスカ気持ちよく虐殺するかである】
おとぎ話でエンエン泣きながら、
どうにか生命を繋いだヘンゼル&グレーテルの姿は
この映画では気持ちよく四散して、
ヘンゼルとグレーテルは名うての魔女ハンターになって、
バリバリ魔女の狩り出しに精を出しているって設定に大笑い。

つええ。つええ。つええって事は大変、気持ちがいい事なのである。

そして、魔女が理由もなく悪い。
これはけっこう大事。
普遍的に悪い奴に対しては、
善い者はどんなひどい事をしても構わないのである。
かくして、チャンバラで武芸者がバッタバッタ人を斬るかのごとき
野蛮なガン・アクションが超楽しい。

ちなみに、終盤、魔女がウヨウヨ終結する様は、
『キューティー・ハニー』のパンサー・クローのアジトのようであった。


【銭】
カリコレ旧作当日特別料金500円

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ヘンゼル&グレーテル@ぴあ映画生活
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/3932-16b7f6b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad