ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『MUD』をギンレイホールで観て、ああそんな映画なのかふじき★★

五つ星評価で【★★恋愛のウェイトがこんなに重いとは思わんかった】
マシュー・マコノヒーが謎の男を演じて少年と交流する話だけど、
映画のモチーフはいろんなコイバナを散りばめたいわ、オホホみたいだったので
朴念仁の自分はあまり乗れず。

マコノヒーは精一杯謎の男でなかなかいい。
そのマコノヒーのミューズかつ、
向き合わない恋愛関係でありながら腐れ縁という難役を演じたのが
リース・ウィザースプーン。一見してパっとしない感じのいい味を出してる。
主役の少年のタイ・シェリダンは上手く見えるけど、特別感はない。
居心地悪そうに演技すれば自然にああなるくらいにしか見えない。

アクション映画かと思ったら、
『ごきげんよう』の恋バナみたいな話だったので、
どうにも乗り気にならなかった。

追い求めるものが違って見たので、ラストの銃撃戦は好き。


【銭】
ギンレイホール、会員証で入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
MUD -マッド-@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
MUD -マッド-@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
MUD -マッド-@ここなつ映画レビュー

PS あの蛇はチンチンの象徴?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/3936-f7d4bb01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad