ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『麻雀放浪記』をテアトル新宿で観て、ふふふふふ、ふじき★★★

特集上映「観ずに死ねるか!」の1プログラム。

五つ星評価で【★★★いい煮込み具合】  
ずっと見れずにいて、評価はいいのに名画座でもなかなかかからなかった一本。
やっと観れた。初見。原作小説未読。

麻雀は詳しくない。役を知らない。
この映画は役を知らない程度が見ても困らない。
すべからく、娯楽映画はそう作られるべきである。

真田君が若いのう。青春真っ只中だ。
映画の中で女優を差し置いて一番キラキラしてる。
大竹しのぶは可愛いし、加賀まりこはセクシーだけど、
なんか安全な感じで視床下部を刺激しないんだよね。
今だったら、剛力さんと檀蜜とか当てられちゃうんじゃないだろうか。
なんて不遇な時代なんだ、今。
にしても、男女ドラマが深みにはまらず、
ホモ映画っぽいといえば、ぽいかもしれん。

静かにチロチロ燃える高品格も、
燃え上がろうとパチパチくすぶる鹿賀丈史も、
今まさに火の勢いが消えんとする名古屋章も、
戦いの場で相手を値踏みするようなゲスな野郎どもはみんな、かっけーのだ。

最終的に、金持ちと打てる事になった鹿賀丈史が
その金持ちと打たずに、いつものメンツと麻雀を始めるって
筋立ては今一つ意味不明。
でも、話が適当でも、匂いで困らない映画だってあるのだ。

【銭】
割引あったかどうか知らないけど正規料金1500円を払った。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
麻雀放浪記@ぴあ映画生活
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/3942-8975e8c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad