ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『MONSTERZ』をトーホーシネマズ渋谷4で観て、予告越えるのって難しいなふじき★★

五つ星評価で【★★役者はいいけど、驚きは少ない】  
原作映画『超能力者』未鑑賞。

場面場面の異様な空気感は中々よい。

ただ、能力から起こりうる場面がCMや予告で観たものを越える事がなく、
映画を見てる上での驚きを感じられないのが痛い。

盤石の屑役者、藤原竜也に挑むのは、
力強い変化球山田孝之であるが、
山田孝之って普通の役は色のない演技をするから面白くない。
体格、輪郭とかの外見情報も藤原竜也と多少似た線上にあるので、
ここははっきり全然違うタイプの役者を据えたかった。
山田孝之が特に劣った演技をしている訳ではないが、
こういうのは組み合わせ次第で映画の力量を何倍にも変えるから。

石原さとみが脱ぎもしないのに可愛いな、クソ。
あれもある意味、異能の能力と言う気がする。
田口トモロヲから石原さとみが産まれること自体が突然変異みたいなもんだし。
なんとなくだけど、田口トモロヲがピッコロ大魔王式に口から産んだ子供が石原さとみと言うのは嘘は嘘なりに大嘘なんだけど説得力があったりするんじゃない?


【銭】
映画ファン感謝デー、1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
MONSTERZ モンスターズ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
MONSTERZ モンスターズ@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
MONSTERZ モンスターズ@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記
MONSTERZ モンスターズ@タケヤと愉快な仲間達
MONSTERZ モンスターズ@to Heart

PS 『AKIRA』はあのサイズでコミック化されてないと思うのだけど。
PS2 見ただけで人間を操れる男がいるのなら、
 空気の密度を変える事で大気にレンズを作って、視覚をゆがめて、
 決して誰からも見る事ができない能力者とか出したら話が広がったのに。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/3943-fe5b258f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad