ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『大空港2013』をシネ・リーブル池袋2で観て、くだらない三谷はいいねふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★1シーン1カットドラマは別にどうでもいいけど下世話なコメディがおもろい】  
元はWOWWOWのドラマらしい。
あの当たり前体操の……違う違うしかもつまらん。
1シーン1カットが売りらしいが、三谷が得意満面になりそうなその辺は個人的にはどうでもいい。だって、三谷からすれば、それくらいなんて事ないでしょ。NGテイクがあろうが、止めたり、やり直したりが許されない舞台の中にカメラが入り込んで撮っている、ただそれだけの事なのだから。そんな事にしたからか、映像演出が果てしなく平坦で映画っぽくない所は逆に絵が気にならなくて良かったような気すらする。話が面白ければ、映像的な演出はほっといても大丈夫なんである。だから、ちゃんと面白い話ありきで自分の映画を作ろうよ、三谷くん。三谷は巨匠になんかならずに「お話屋」でいてくれた方がみんな幸せだと思う。

タイトルは「大空港」だが、それは空港映画への敬意がそう付けさせたのであり、映画の舞台は「小空港」。まあ『小空港2013』では、ちょっと威勢悪い感じだものなあ。

主役は空港の地上スタッフ竹内結子。天候不良で地方空港にやむなく到着してしまった客の気分を和らげるためおもてなしを命じられる。実際、こういう泥臭い仕事はありそうだ。これが『ミナミの帝王』とかロマンポルノだったら、絶対肉弾接待みたいな話になるのだが、ま、その辺はなかなかね。成人映画だとしたら、竹内結子そんなにタイプじゃない事でもあるし。それは置いといて、彼女の演技評価については普通。劇っぽくオーバー気味に演じてたけど、もちっと主人公自身の性格が見えないような演じ方をした方が他のキャラとの組み合わせで面白かったかもしれない。

香川照之、神野三鈴、石橋杏奈、池松壮亮、生瀬勝久、綾田俊樹、甲本雅裕、青木さやか、オダギリジョー、戸田恵梨香、梶原善。

そうそうたる立派なキャスティングだ。
石橋杏奈、ちっちゃい役によう出てるな。『L・DK』『学校の怪談 呪いの言霊』『百瀬、こっちを向いて。』とか。どれも当たってないな、うーん、出演料安いのかな。そんな事言っちゃ失礼か。

青木さやかが妙にはまってたのと、綾田俊樹の秘密と、梶原善の芸能人らしくない太り方と、戸田恵梨香が誰だか分からなかった事が印象に残った。あ、下世話な話運びも大好き。そんなん盛らんでもいいだろってくらいサービスで話が盛ってあります。それと、これ見ても人生的に何の足しになりそうにない抜けの良さがステキ。


【銭】
テアトル、ネットのキャンペーン価格で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
《三谷幸喜『大空港2013』特別上映》@ぴあ映画生活

PS 『ネクスト・ゴール』を観て思ったことを一つ、
 感想書き忘れていたので、ついでに書いちゃうと

 アメリカ領サモアの女性って、青木さやかっぽい。

 そういう血が流れてると思うな、青木さやかには。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/3945-94c053c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad