ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『たまこラブストーリー』を角川シネマ新宿1で観て、とりあえず脹脛は好きだふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★原型の抽出】
原作アニメ『たまこマーケット』未鑑賞。

一見さんである。
が、その辺りは全く苦にならなかった(勿論分からん部分はあるが)。
そして、とても評判がいい。
それぞれのキャラがとても立ってる。
優しい街の中で繰り広げられるもどかしい恋愛劇。

高校三年生以上の人なら分かると思うが、
あんなにみんな子供ではない。
もっと多方面、悶々してるし、常に叫び声を上げたい事ばかりだった。
でも、それは削ぎ落としていい部分なのだろう。
描きたいのは『桐島、部活やめるってよ』みたいなリアルな煩悶ではないのだ。
そのリアルな煩悶から抽出したピュアな恋の成り行きの部分。つまり「デミタス」だ。
たまこ、ピュアでトロい。あんなんホラー映画にいたら格好の標的だ。

主人公がそんなんなので、とてもオママゴトちっくだ。
だから、見ていて殊更に心が痛んだりはしないし、
嗚咽で画面が見えなくなったりはしない。

にも関わらず、ちゃんと見ていて情動が動かされる。

箱庭の中に構築された恋愛の原型、
そこで動く心の動きがオーバーだが、嘘がないので、みんな話に乗れるのだろう。
この作り、似たものがあるな、と思ったら
マンガの方の『自虐の唄』
あのマンガの中の世界と現実の世界は明らかに異なる。
でも、そこで描かれる幸せの追求の在り方が抽出された「原型」だから良い。

こういう物語の作り方もあるのだな。
ゆっくり考えてちょっと感心した。

キャラは平坦だけど変なテンションのカンナが好き。


【銭】
テアトル会員割引で1300円(1500円の前売券より安く見たぞ)。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
たまこラブストーリー@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
たまこラブストーリー@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
たまこラブストーリー@大江戸時夫の東京温度
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/3958-7b0490bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad