ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『六月燈の三姉妹』をシネマート六本木4(3F)で観て、地味にいい映画だふじき★★★

五つ星評価で【★★★予告編で面白そうに見えなかった理由】  
どうも、予告編で面白そうに見えなかったからスルーしようとしてたんだけど、ツイッターで評判が良かったので手を出してみた。あ、地道におもろい。

これ、何で予告が面白く見えないのかというと、特に派手なカットがある訳でもなく、凄いどんでん返しが控えている訳でもなくで、売りづらい。話全体を見せた上で面白いと思わせるドラマ構成も災いしてる。ちょっと抜粋したぐらいでは面白さが伝わらないのだ。それにしてもバリバリ、ホームドラマだ。昨今、ホームドラマなんてTVですら見かけない。だから、逆に当てればでかい気もする(これは興行的には当たってないけど)。

三姉妹のバランスがいい。
長女、吉田羊。何でも卒なくこなすが、その分、我慢してしまう。
そんな性格が災いしてダメンズ夫とうまくいかずバツイチ。
次女、吹石一恵。嫁姑問題で悩み中。離婚調停中。秘密あり。
三女、徳永えり。美人系の長女、次女とは種違いで、
容姿にコンプレックスを持ってる。婚約破棄後、今の相手には妻子がいる。

徳永えりが、作中で「ちんちくりん」扱いされるほど不細工には見えないが、
系統が美人ではなく、可愛い系として、
考えなしに行動したり、意地っ張りだったりするところがとっても可愛い。

津田寛治も年を取ったというか、
年を取った役を器用にこなしているというか、
基本、上手いんだな、この人は(普段、変な役ばっかだけど)。

えーと、おもろいすよ。


【銭】
シネマート月曜メンズデーで1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
六月燈の三姉妹@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
六月燈の三姉妹@映画好きパパの鑑賞日記
六月燈の三姉妹@とりあえずコメントです

PS ネタ
 「それにしても地味な映画じゃないか?」
 「よし、マイケル・ベイでリメイクしてカー・スタントを盛り込もう?」
 「どこや、どこに盛り込むんや」
 「かるキャン運びの津田寛治に突っ込んでくる
  スーパー和菓子部署のモンスタートラックでどや!」
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/3961-df6150ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad