ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『鑑定士と顔のない依頼人』をギンレイホールで観て、爺さんにはきつい映画だふじき★★★

五つ星評価で【★★★みんなで爺さんいじめて嬉しいか?】  
自分自身いい年になってくると、何が出来て、何が出来ないかとか、自分の限界が分かってくる。分かった上で平穏に生活していく事ができる。なのに、そんな爺さんにフルマラソン走らせて、ぜいぜい言う様をみんなで見学するような映画を作らなくってもいいだろ。

もうね、ハッピーエンドとかがいいんですよ。
もう最初っからビターエンド一直線でキツイ。
主人公が映画の冒頭以上ハッピーになる為には何もしないか、
ウッディ・アレンが監督になるしかないもの。

ラストはそんなに驚かなかった。
ラストに行くまで、親切に「こうかもよ、こうかもよ」って
ほのめかしてくれてるから(だから、到達点が主眼じゃないんだろう)。

ようは主人公の境遇以上に、
物語の中で語られた「贋作作者の零れ落ちる本気」、
そして、その本気を鑑定士の主人公が見逃していない一点こそが
この物語をロマンチックに見せる最後の砦だ。

自分としては中二的ルサンチマンに乗っ取って、
「やられたら、やり返せ」でまとめ上げるようなラストの方が好きだなあ。
何と言っても単純明快で後腐れがない。


【銭】
ギンレイホール、会員証で入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
鑑定士と顔のない依頼人@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
鑑定士と顔のない依頼人@或る日の出来事
鑑定士と顔のない依頼人@ダイターン・クラッシュ
鑑定士と顔のない依頼人@ペパーミントの魔術師
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/3965-c5807b1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad