ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『そこのみにて光輝く』をテアトル新宿で観て、ちーちゃんの濡れ場が好き好き大好きふじき★★★

五つ星評価で【★★★絶対的に面白いのは池脇千鶴。他はそこそこ】  
主役の綾野剛は悩める役柄を「悩んでるみたいだな」と傍から分かる程度の小さな芝居でチョコチョコ演じていたが、そういうのは面白くない。「剛」一文字が同じ「剛力彩芽くらい大きな演技してみろ」ってのは、当たってるけど、例証の俳優がいけない。

で、上手な「大きい演技」をするのが菅田将暉。ちょっと雑だけど演技が直情なので気持ちいい。

高橋和也はいい感じのクズ具合。
クズだけど、社会に馴染んでるその馴染み具合が絶妙。
キャラとしての映され方は『パズル』の時の方が面白かった。

そして、池脇千鶴の身体がたまらん。
ボテっとしてて、熱っぽそうで(いつも火照ってそう)、
無駄な肉が付いてる分、柔らかそうで、女女してる。
舞台は北海道だけど、彼女は日焼けしてて何やら沖縄っぽい。
菅田将暉も沖縄っぽいか。
そんな、ちーちゃんの濡れ場がステキ。
前半、商売の濡れ場や、不倫相手の打算づくめの濡れ場、
それなりに身体が反応してる感じがやーらしくっていいなあ。
後半、意に添わずに抱かれたり、脳梗塞の父親の性欲を処理したり、
彼女の味方だったセックスがどんどん彼女を追い詰める諸刃の剣になる。
父親の性欲処理より、不倫相手に嫌な顔を向ける池脇千鶴が上手すぎる。

話的には、綾野剛と菅田将暉の出会いや、付き合いがいきなりすぎる。
それ以上に綾野剛と池脇千鶴の恋もいきなりすぎる。
悲劇の条件を整える為に、仲良しになったみたいで、
どこか話のバランスが不自然でしっくりこない。

でも、俺はちーちゃんの身体目当てで観に行ったんだから、文句なんか言えねーよ。


【銭】
テアトルの会員割引で1300円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
そこのみにて光輝く@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
そこのみにて光輝く@映画のブログ
そこのみにて光輝く@映画的・絵画的・音楽的

PS イカの塩辛工場が出てきて、池脇千鶴が働いてるのだけど、
 ここで、イカまみれになる池脇千鶴のショットが欲しかった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/3978-1e205155
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad