ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『観相師』をシネマート六本木4(3F)で観て、ガンホのあたふたがアゲアゲふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★見事な脚本に唸るが残念なことにスカっとはしない】  
人相見が王朝の権力争いに巻き込まれて、やがて、自分や仲間を守るために積極的にその争いに関与していく様子を描く。後半のうねるような話の展開には息を呑まされる。

「人相見」だから、町中の辻占いみたいなあやふやな物の筈なのに、その技量を政治の中心で役人の登用人事に生かし次々と成功させて説得力を持たせるところが面白い。なるほど、科学的非科学的であるにかかわらず「人を見る」事が一番大事な役職は「人事部」の筈だ。

人相見役にソン・ガンホ。
技量のずば抜けた得体のしれない小人物というのはガンホにピッタリだ。
得体がしれないのに、直情的でも違和感がないのはガンホの得なところ。

虎の相のペク・ユンシク、狼の相のイ・ジョンジェも好対照でいいが、
聡明であるが運命には逆らえない若い少年王が良かった。
俺はホモじゃないけど良かった。
話がずっと朝廷内部だからか、映画内に女っ気は少ない。


【銭】
シネマート月曜メンズデーで1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
観相師-かんそうし-@ぴあ映画生活
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/3980-48677f99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad