ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『そして父になる』をギンレイホールで観て、福山御苦労じき★★★

五つ星評価で【★★★福山だけダントツに損な役】  
是枝監督とはそんなに相性が良くないが、これはまずまず大丈夫な部類。
福山雅治が夫婦二組の中でバリバリ一人勝ちでイヤな奴なのだ。
よう、オファー受けたなあ。

リリー・フランキーには温かさがあり、
真木よう子には厳しさの裏にちゃんと優しさがあり、
尾野真千子には親として子供に向き合おうとする強い姿勢が見えた。
福山はただ一人、父の居場所に胡坐をかいて、
子供に深く向き合ってるように見えない役だ。
これは主人公であろうと、観客に嫌われるだろう。

ちゃんと役を演じた結果、嫌われたのだから本望なんだろうけど、
主人公が愛おしくなるような一面をどこかに忍ばせるのが
役者としての底力ではないだろうか?
例えば、これがギバちゃんだったら、冷徹なエリートを演じながら、一点、
彼を許したくてたまらなくなるようなチャーム・ホイントを作るんじゃなかろうか。
役者じゃない人だから、強くそういうのを求めるのは違うかもしれないけど。

しまった。リリー・フランキーも役者じゃないじゃん。


【銭】
ギンレイホール、会員証で入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
そして父になる@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
そして父になる@映画のブログ
そして父になる@タケヤと愉快な仲間達
そして父になる@映画的・絵画的・音楽的

PS 『そしてチンチンになる』
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/3987-277221b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad