ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

新橋ロマンで援助交際だらけふじき20140801-20140807

◆『ロスト・ヴァージン やみつき援助交際』
五つ星評価で【★★★★ヒリヒリ】
佐々木日記主演、斉藤知香 佐倉麻美出演
サトウトシキ監督、2002年のピンク映画。

顔がパンパンの女の子(佐々木日記)は好き。
10年前(JK)、5年前(OL)、今年(フリーター)と、三つの時間を演じる役者の誰もがブラボーだ。いい女が「バーカ」って言うと物凄くサマになる。
10年前の主人公の罪の意識でもあり、悪戯や恋慕の象徴でもある手錠が、5年前では同じような罪の再現として彼女を拘束するのに、今年の夏では元々の持ち主も逮捕により整理され、赤い糸のようなロマンチックなアイテムに変身するのが見事。

カラオケ曲「プール」が耳について離れない。

松江哲明が牛丼屋店員を演じている。
「役者で食えなくなったら、いつでも来ていいよ」と勧誘されたらしいが、
牛丼をご飯の上に移す手際などがなるほどプロっぽい熟練さを感じる。


◆『援助交際物語 したがるオンナたち』
五つ星評価で【★★★ちゃんとしてる】
向 夏 平沢里菜子主演、七瀬くるみ出演 
いまおかしんじ監督、2005年のピンク映画。

『かえるのうた』という一般公開タイトルの方が有名だろう。
これは二回目。
小田急線再開発前の下北沢の駅前が懐かしい。

 <キャスト> 
  <監督>  
3本回りの途中入場で、この映画のラストを先に見てしまったので
サスペンスが成功したかどうかの真価は分からない。

ダメンズに振り回されて婚期を逃したOLという、
リアルに切ない役を村上涼子が熱演。とても不憫。
「ナイスバディー」を誉められると
「こんな身体でいい事は何一つなかった。小さい頃から痴漢に遭うし」とか、
女性脚本家のセリフが女心抉りまくり。
そしてホモ映画のトム・クルーズ樹カズの怪演が見逃せない。
あれ(秘密)を冗談じゃなく、正気でやれるのは偉い。
ちゃんと絵になってる演出の凄み。
あんなん一歩間違えると大惨事だ。
あ、樹カズ、流石に年をとってきたが、皺がトム・クルーズにちょっと似てる。
そして、心のこもってないような笑いはSMAPの草ナギ君に似てる
昨今のホラーのように保険を残さず、
キリよくラストを落としてる感じなのは好感が持てる。

あまり話に踏み込まない3人目の女優、
日高ゆりあのボテっとして伸びきらない身体もスキズキなんだけど、私は好き。


◆『本番レズ 恥ずかしい体位』
五つ星評価で【★★瀬々敬久苦手】
智恵子 主演、深谷真琴 辻斬かりん出演。
瀬々敬久監督。1994年のピンク映画。

オシャレなフランス映画風の映像に戦前女子っぽい女の子が絡む。
あ、まだ「森永LOVE」がある。
瀬々敬久はどうも苦手。


【銭】
新橋ロマン、ネット割引で100円引いて1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ロスト・ヴァージン やみつき援助交際@PG
援助交際物語 したがるオンナたち@PG
かえるのうた@ぴあ映画生活
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4014-73453d38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad