ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『エグゼクティブ・デシジョン』『スペース・カウボーイ』を新橋文化で観てキッチリしちょるのうふじき★★★★,★★

◆『エグゼクティブ・デシジョン』
五つ星評価で【★★★★ハリウッド映画はこれよ】
二回目か三回目。
くー、相変わらずおもしれー。
次から次へと現われる難題を一つ一つクリアしていくプロの映画。
つまらん訳がない。

割と導入部近くのあのサプライズも、
無敵の突撃部隊の攻撃性能を削ぎながら代替手段を提示する難題の設定も
脚本の力かくありきってか、これ近いうちリメイクしてもおかしくない気がする。
企画不足にはリメイク、リブートで対処って時世だもの。

ハル・ベリーが三番手くらいの大きな役で出てて、この頃はまだアカデミー賞とかおくびにも出してなさげだ。いや、カート・ラッセルにアカデミー賞あげてほしい(多分、貰ってないでしょ)。で、この頃のハル・ベリーはまだまだ小物感の強い女優で、妙に安そうな制服が似合う気がする。今回スッチーだよ。探せば「ハル・ベリーAV制服パック」みたいなディスクがどこかに売ってそうな気がする。あ、そうか、割と困り顔だからだな。ハル・ベリーが主役なら、スッチー、ナース、政府事務官、女刑事辺りのAVの話を一つ1分くらいで作れるよ、俺。いや、ハル・ベリーがオファー受けないだろうけど。


◆『スペース・カウボーイ』
五つ星評価で【★★イーストウッドの中ではちょっと冗長さが苦手】
ファ-ストラン以来,2回目。
ファーストランの時も長さに辟易して後半はうつらうつらだったが、今回も同じような状態に陥った。いやあ、人間そんなに変わるもんじゃないね。

映画には「頑固爺」がよく似合うので、それだけで追い風なのだけど、後半になればなるほどイーストウッドら爺ちゃんが翻弄される度合いが強くなるからなのかなあ。いや、うつらうつらしてたからよう分からん。すまん。
若い姉ちゃんより、イーストウッドの年老いた妻の方が魅力的に撮れてるってのは明らかにおかしいと思うぞ。

無理に題名を直訳すると『宇宙雌牛少年達』か。
いや、無理に題名を直訳した俺が悪かった。


【銭】
ネット割引で100円減の800円で鑑賞。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
エグゼクティブ・デシジョン@ぴあ映画生活
スペース・カウボーイ@ぴあ映画生活
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4023-314e0645
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad