ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

あっ、そう言えば『マレフィセント』にもう一言。

映画を見る時間はムチャクチャとってあるのに、
ブログを書く時間が捻出できない。
インプットだらけでアウトプットできない便秘状態。
夏休み取れない会社に入っちゃったし。
見たい映画がふと気づくと全部レイトでしかやってなかったりだし。
という自分の事情とは関係なしに『マレフィセント』にもう一言。

TB付けるために他のブログ回ってて、『マレフィセント』で幾つか妄想。
・取られた翼を取り返すって『どろろ』みたいだ。
 敵は父権の塊で、父ちゃんに逆らう明子姉ちゃんの映画なのかなあ。
 明子姉ちゃんは花形と結婚するのにマレフィセントは独身で処女だから、
 そこに子供がいる構図はマリア様みてーだ。
・アナ雪の隣の経済大国の爺、あれがこっちの映画まで出張ってきて花形になるか。
・真実の愛を持たない王子様がこの後、
 オーロラ姫もマレフィセントもたらし込んで、ハーレクィーン泥沼状態。
 いや、単にイタリアン・ポルノか。
 マカロニなら、地獄の底から王様が蘇ってきて、マシンガンで妖精を一網打尽。
 そっちの方が見たいかもしれないけど、もうファンタジーではないな。
・メイクがリック・ベイカーなのだよね。
 猿のリック・ベイカー。
 マレフィセントが猿にならなくてよかった。
 いや、アンジーだったらデザインが猿のマレフィセントでも、うほうほ
 きちんと母性を演じてくれたと思いますよ。
 あ、大竹しのぶさんとか猿のマレフィセントが似合いそう。
・カラスも一羽だったからいい役だったけど、2羽だったら
 ヘッケル&ジャッケルでギャグ・キャラクターじゃないか。
・ツイッターで見かけた
 二人の関係はピッコロと悟飯っていうのが言い得てるよなあ。
・オーロラ姫の声が上戸彩なら、旦那エグザイルだから、
 王子がダンスして歌うたった後だったらキスして目覚めたかもしれない。

▼関連記事
マレフィセントその1@死屍累々映画日記
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4026-d95a93c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad