FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『それいけ!アンパンマン りんごぼうやとみんなの願い』をキネカ大森3で観て、あれ低調ふじき★★

五つ星評価で【★★旧作のツギハギっぽい】

まず、併映『ママになったこきんちゃん』
どきんちゃんの妹こきんちゃんはなかなか可愛い。
得意技が泣き真似って銭形涙かよ!
「たのしくてあそび」というお遊戯参加型映画なのだが、
こきんちゃんの子供になる謎の生物の成長を促すのが「歌」なので、
みんなで歌うのだが、曲は「こきんちゃんのテーマ」ばっかりだ。
去年までの参加型映画はもうちょっと何曲も歌っていた筈だ。
もしかしたら一曲に絞った方が子供が歌いやすいという配慮かもしれない。
(実際はそんな歌っていなかった、かな)
虫が大きくなって羽化出来ておしまいだが、
生物の出自などは分からないままなのは、お話上、良くないと思う。

『それいけ!アンパンマン りんごぼうやとみんなの願い』は、
ヒーローを夢見る「りんごぼうや」が、
ヒーローには「かっこいい」よりも大事なものがある事に気が付く話。
アンパンマン版『キック・アス』だな。
前前作のバナナは我儘だったし、
前作の象は努力が嫌いだったので、
この何かが欠落している点はゲスト子役キャラのパターンと言っていいだろう。

今回の敵役は封印された絵本から出てきた「黒い魔女マジョーラ」
こいつが勢いは強いが、レーゾンデートルがない。
悪い事をする為だけにいる。まあ、天災みたいな存在なのだ。
どうも、そういう「純粋悪」みたいな存在はアンパンマンワールドに似合わない。
だがまあ、そういう条件を成立させる為のキャラが必要だという事だろう。
今回までのアンパンマンは東北に向けた復興3部作という事らしい。
なので、物語性よりも、メッセージ性の方が優先されたのかもしれない。

アンパンマンや他の面々が戦いの中で、敵の魔力で変身させられ、
それにも負けずにゲストキャラがあきらめない事で逆転へのチャンスを手に入れる。
ここんところ、基本、こればっかだ。
だから、今一、大人が唸るような鼻薬もなし。

バイキンマンは意地を張った上の退場の仕方で秘かに男を上げててよかった。


【銭】
テアトル系劇場会員割引で1300円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
それいけ!アンパンマン りんごぼうやと みんなの願い@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4033-a0a0409b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)