FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『オーバー・ザ・ブルースカイ』『レイルウェイ』をキネカ大森1で観て、ボロ泣きとふんふんふじき★★★★,★★

◆『オーバー・ザ・ブルースカイ』
五つ星評価で【★★★★ボロ泣き】

カントリー・シンガーの男と彫師の女のラブストーリー。
子供のメイベルちゃんが可愛い。
カントリーシンガー野郎のダメだけど許せる感もいいし、
彫師女の目が離せなくなる魅力も抜群だ。
そして全編に流れるカントリーソング。
ああ、いい映画観た。

時系列がけっこうわざとゴチャゴチャ入り乱れさせてるのはイヤ(しゃあないけど)。
男が論理的であろうとして、生まれ変わりを否定するような物言いをするのに、激昂すると「そんな事して故人が喜ぶと思うのか」みたいに言い放ってしまう矛盾がリアル。男も女も信じたいものを信じるが、男は「これこれこうであるから信じるに値する」みたいに考えがちだ。でも、生や死に明確な答はないから、自分が信じた物を人に押し付けるのは大変不遜な行為なのだ。

この映画の世界では、この後、1秒後に
全世界が滅んでしまう方がきっと幸せであるに違いない。


◆『レイルウェイ』
五つ星評価で【★★原題は『THE RAILWAY MAN』鉄道男】

あ、コリン・ファレルでなく、コリン・ファースなのね。
眉毛太くない筈だわ。
コリン・ファースってガタイでかいから鉄道オタクっぽくはないな。
それにしても、外国の鉄道オタクも日本とあまりやる事は変わらない感じだ。

クワイ河での強制労働の話になって、悪夢を共有する真田広之との再会になる。
真田広之は真田広之であって、戦時の軍人が老けたようにはあまり見えなかった。
外人から見たら、日本人はみんな若く見えて年は分からないかもしれないが、
日本人の自分が見ると、真田広之はコリン・ファースと肩を並べる壮年には見えない。
あと、誰も知らない拷問は、とても痴漢冤罪の取り調べのようであって実に日本的な光景なのだけど、あれで精神を病んだみたいにひどい光景にはそんなに見えない。そう見えるように演出が見せるべきだろう。又、その後、一つの行動を境にして、二人は分かりあえてしまう。それは早すぎはしないか。
クワイ河労働での日本人の怒号の発声が凄く的確だったのはとてもいい仕事で感心した。


【銭】
キネカ大森3回使える名画座専用回数券を使って1000円で鑑賞。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
オーバー・ザ・ブルースカイ@ぴあ映画生活
レイルウェイ 運命の旅路@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
オーバー・ザ・ブルースカイ@ノラネコの呑んで観るシネマ
レイルウェイ 運命の旅路@映画のブログ
レイルウェイ 運命の旅路@映画的・絵画的・音楽的
レイルウェイ 運命の旅路@迷宮映画館
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4034-c23de6ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)