ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『FORMA』をユーロスペース2で観て、物凄く良く出来てるけど好き嫌いは別だふじき★★★

五つ星評価で【★★★観客に対する見切り】  
長回しとロング映像を多用。
これが痛いくらい効いている。
映画が分かっている。上手い。
やはり、この長回しとロングが嫌いな人もいるだろう(それは自分)。
だが、効果としては評価せざるを得ない。

映画『カイジ』の一本目で、カイジが敵の有能さを信頼するが故に勝負に勝つ展開があったが、そういう意味では、この映画の監督は観客が無能である事を信頼している。勿論、監督自らミスリードを誘っている部分はある。それでも、ミスリードがあった場合、ミスリードを見抜けない側が責を負うのが妥当だろう。そして、又、この映画の監督は観客が全くの無能でない事に関しても信頼している。物語中盤の男の女に対する要求の部分などについて、逐一親切丁寧に説明したりはしない。全て語らずともそれくらいは分かるでしょ、という信頼がある。この観客に対する有能さと無能さの幅に対する今まで以上に狭い見切りがとても面白い。

主役級の女の子二人、男の子二人、プラス光石研は好演。
最初の男のチャラい感じが絶妙。
次の男の、いい人なんだけど、モテそうにないオーラ全開も絶妙。

チラシやポスター図案からは何も訴えてこない。
私も口コミが伝わってこなければ観に行かなかっただろう。
「FORMA」が何かもわかっていない。

青田買いするなら、この監督がお得ですよ。


【銭】
ユーロ会員割引で1800円→1200円

▼作品詳細などはこちらでいいかな
FORMA@ぴあ映画生活
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4049-e3182875
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad