ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『テロ,ライブ』をHTC渋谷1で観て、おもろいやんふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★次から次へとイベントが来るので飽きない】  

ラジオ局に左遷された久米宏が
爆弾魔とのやり取りでテレビ局に返り咲こうとしながらも
真実に対する実感を改めるみたいな話。

あああああ、あの大臣むかつくとか、
主人公の妻が妙に芋っぽくってそんなに美人じゃないとか、
余計な人材が投入されればされるほど、主人公が板挟みになっていくとか、
かなり好きです。

ライバル局のアナウンサーがどこか久須美欽一(ピンク映画の名物俳優)
みたいで、久須美欽一に追い込まれるのは嫌だなと思った。
……斉藤清六とか狩野英孝に追い込まれたら嫌っしょ。そんな感じ。

私自身の話で、前職は銀行でエッチラオッチラ、プログラムのメンテしてて、
今は新聞社で販売統計サポートみたいな仕事をしているんですが、
メディアがリアルタイムじゃないから、というのがあるかもしれないけど、
マスコミ(新聞局)の危険対策って銀行屋に比べると割と杜撰。
特定不可能な第三者が時限式の爆弾仕掛けるとか、難易度低めで出来ると思う
(えーと、やらんよ、、、ってか、やれんよ)。
だから、やはりテレビに比べて二番手であるラジオスタジオに、
混乱のさなかテレビスタッフやテロ防止のための第三者が入り乱れる中、
犯人が潜んでいて、それを明らかにできない状況と言うのはとてもリアル。

どこの国でも、偉い人は「ごめんなさい」が言えないのだなあ。


【銭】
テアトル系水曜1100円均一。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
テロ,ライブ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
テロ,ライブ@映画好きパパの鑑賞日記
テロ,ライブ@ダイターン・クラッシュ

PS ネタ
 「あんたの耳にも爆弾が!」
 「ええっ!」
 「鼻にも口にも上着や下着の中にもだ!」
 「ええっ!」
PS2 ネタ2
 「太郎ライブ!」
 「何じゃそりゃ」
 「いや、『何じゃそりゃ』と言われても」
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4062-bc2968ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad