ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『プロミスト・ランド』をトーホーシネマズシャンテ1(4F)で観て、普通でね?ふじき★★★

五つ星評価で【★★★終盤の展開は中々見せるが、ビックリとしては小粒】  

おでに分かったのは映画の中で、
「返却は計画的に」と言わなかったので、お金に関する映画だけど、
サラ金の「プロミス」は関係していない事、それくらいだ。
なんじゃ、そりゃ。

という訳でレモネード少女から企業理念の神髄を教授されたマッド・デイモンにハレルヤ。あのレモネード少女の毅然とした態度はよかった。あれで札っ束で頬をひっぱたくが習い性になっている事を主人公が最後に自覚したんじゃないか、と。そして、鈍器が隠された札束で相手をひっぱく事への懐疑、と。

『プロミスト・ランド』は訳すと「約束の土地」とか「契約の大地」とかになるのかな? 西洋人は神と契約する人たちだから、その神が作った大地をも否定する人と人の間の契約という皮肉が題名に籠められてるのかもしれん。


【銭】
トーホーシネマズのフリーパス使用2本目。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
プロミスト・ランド@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
プロミスト・ランド@映画的・絵画的・音楽的
プロミスト・ランド@ノルウェー暮らし・イン・原宿
プロミスト・ランド@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

PS あれだ、オーシャンズ11全揃いで乗り込んだら、
 もっと簡単に契約ガポガポ取れたんじゃないか。
PS2 ガス・ヴァン・サントだけに、
 一度くらいガスの映画が作りたかったんだろうな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4071-20debb12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad