FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『監視者たち』をシネマート新宿1で観て、ルンルンおもろいやんと喜んでええんかふじきわし★★★★

五つ星評価で【★★★★明らかに面白い】  

明らかに面白い。
かなり、面白いんである。

でも、これ、プロットまるまる前に見てるなと思ったら、
香港映画『天使の眼、野獣の街』のリメイクなんである。
あれも面白かった。でも、もう記憶が霞みのようだ。
何か同じ面白さな気がするんだけど、
そんな記憶が薄れた頃を狙ってリメイクするなんて汚い!
(いや、相手はそんなん気にもしてないだろうけど)

でも、『フルスロットル』『アルティメット』もそうだけど、
リメイクである事を明かすのは宣伝上の誠意だと思うよ。
それを明かさないのは、後ろ暗い所があるからじゃないのか。
国が違うと思ったらすぐさまリメイクしやがって。

で、主人公の小豚(コードネーム)が可愛い。
オリジナルもそうだけど、敵の設定を上手に造作する事で、
手を出さず監視しているだけでも、一級のサスペンスを作りえる
というのが目から鱗がボロボロ落ちすぎ状態だ。

敵のラスボス(と言うよりメイン敵は一人しかいない)が、
パッと見、煮えくらない感じで、
鳥肌実とミッチーを足して絶妙に1.5くらいに割り足した感じ。
スタイリッシュと言うのでもなく、陽だまりに溶け込みながら、
必要であれば、瞬時にルールを破って、線上から消える。
これくらいの敵でないと活劇はつまらん。

なので、前作、観てない人は楽しんで。
前作、観てる人は、私と一緒にちょっとだけ「むむむーっ」と唸りましょう。


【銭】
シネマート新宿の火曜日メンバーズデーを使って1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
監視者たち@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
監視者たち@ここなつ映画レビュー
▼関連記事。
とっても薄い香港版の感想@死屍累々映画日記

PS そう言えば、前作と比べてハイテクがかなり導入されて、
 捜査チームが町の映像情報とかをバシバシ切り取ってくのは、
 『踊る大捜査線』でもやってたし、『プラチナデータ』でもやってたし、
 もう常識になっちゃったんだなあ。
 いろいろシステマティックになる事はうまく描写されれば気持よくてとてもいい。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4087-c26dcc72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)