ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『イン・ザ・ヒーロー』を新宿バルト9-4で観て、順番間違えたふじき★★★

五つ星評価で【★★★分かる、とても分かる】  
こういうベタな話はとても好きなんだけど、
話の流れがかなり『太秦ライムライト』と被っている事もあって、
後から見たこっちは分が悪くなってしまった。

それでもその『太秦ライムライト』とは大きな違いがあって、
あの映画は描けば描くほど「福本清三」が浮かび上がる構成だったが、
この映画は描けば描くほど、
「唐沢寿明とその仲間」が浮かび上がる構成になってる。

若い福士蒼汰の青い所もいいし、
いい加減、年齢不詳になってきた黒谷友香のべらんめえな所もいい、
寺島進のピンクも沁みるし、
筋肉のアクターやデブのアクターもそれぞれよかった。
この浮かび上がらせ方は自然で良かった。
太秦は最後の一人である事の清廉さを描いたが、
イン・ザは最後の一人にならない為に土台になって耐える男と、
一緒に土台になってやろうとする熱い屑たちの応援歌だった。

報われない職場で歯を食いしばりながらベストを尽くす野郎(と姉さん)達
は誰彼かまわず俺、好きになっちゃうのだ。

問題は「ぐおおおおおおおお」と話が盛り上がるのだけど、
ラストのアクションがそんな凄く見えない。いや、俺に目がないだけか。
そんな松坂さん、最後に美味しいとこだけおいおいおいおい。

唐沢寿明は普段から「ああっぽい」という点も含めて、
とてもいい仕事をしたと思う。


【銭】
株主権レンタルで500円で鑑賞。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
イン・ザ・ヒーロー@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
イン・ザ・ヒーロー@映画的・絵画的・音楽的
イン・ザ・ヒーロー@徒然なるままに
イン・ザ・ヒーロー@ペパーミントの魔術師
イン・ザ・ヒーロー@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記
イン・ザ・ヒーロー@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

PS しまった。『イントゥ・ザ・ヒロイン』ってエロ映画の方が見たいぞ、俺。
PS2 そりゃ、城定監督の『18倫』か。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4088-ae9d858c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad