ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『蜩の記』をトーホーシネマズ日本橋9で観て、ジャンプ的ではないふじき★★★

五つ星評価で【★★★とても美しい映画であるとは思う】  

映画の中に展開する四季折々の風景や、清廉潔白である武士の人柄など、とても美しい映画。だが、待て。これを娯楽映画として見たらどうなのか? 単純に娯楽要素を「少年ジャンプの三要素(友情・努力・勝利)」に限定すると、友情や努力は濃密だが、勝利が希薄だ。勝ったかどうかが曖昧だ。負けてはいないが、勝ち負かしたというのは下品と言わんばかりに勝った事を吹聴しない。いや、俺は下品な人間だから、はっきり勝って勝って勝ち切ってほしかった。きっと「ジャンプ的に勝つ」事は人としての美しさから外れてしまうから、この映画の中では成立しないのだろう。

この映画の中ではキャラクターは次の二つしかない。
①お手本のように正しい事をする人
②俗物

役所広司も岡田准一も基本的には同じキャラクターにすぎない。
あっ、青木崇高だけは①と②が混じっていて特殊かもしれない。
何か、清い人の清い側面しか描いてなく、別人として描写されてない気がする。
お手本のような人間のお手本の部分だけ描かれていても、
それは「人」というより「記録」に近くないか。
欠点や、格好悪い所などを散りばめる事で、
みんな普通の人間(キャラクター)になっていくのではないか?

映画の中で唯一そう言った視点があったのは卵のエピソードくらい。
あそこは可愛い。

役所広司も岡田准一も本当によく演じていると思う。
でも、こういう「美しい心の国、日本」みたいな映画は何かきな臭さを感じてしまう。どこかが美しくある為にはどこかが身を引き裂かれるくらい苦しんでいないとリアルではないのではないか? 悪しざまに言うような映画じゃないのだけど、何かどうも残念だ。

堀北真希の手の細さと白さに百点あげたい。
過食してないような美しい手だった。


【銭】
トーホーシネマズのフリーパス使用5本目。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
蜩ノ記〈ひぐらしのき〉@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
蜩ノ記〈ひぐらしのき〉@こねたみっくす
蜩ノ記〈ひぐらしのき〉@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

PS 映画内で、岡田准一が軍師官兵衛になったり、
 堀北真希が銭形舞になったりしなくてもいいのだけど、
 役所広司は、どら平太みたくなってほしかったな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4090-153d792c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad