ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『がじまる食堂の恋』をシネマート新宿1で観て、がんばれ波瑠★★★

五つ星評価で【★★★波瑠がんばれ】
  
波瑠は昔っからチョコチョコいい映画で、いい演技してたのに、ずっと評価されてこなかった印象がある。自分のブログで検索かけてみると『みなさん、さようなら』『マリア様が見てる』だけ引っかかった。いやいや、もっと出てるだろ。「波瑠」って名前が書きづらいってのはあるかな。後、国民的女優にのし上がった「杏」を薄味にしたような顔で損してる気もする。似てる個性なら個性の強いほうが有利だ。

今回は沖縄地元系女子として、ひょんな事から三角関係、四角関係に引きずり込まれてしまったのに恋に臆病で今まで逃げてきたからどうしよう女子な訳で、こんなの応援したくなる要素満載だ。あと、表情が分かりやすいのはいい。

通して話を見ると中盤から大きく「えっ」といううねりがあり、後半、そこで着地させるのかという驚きもある。でも、話としては強引に通しすぎたので、非リアル感が強くなってしまった。ちょっと残念。

でも、波瑠が頑張って主役やってるんだから、見てあげてほしい。
波瑠が竹富聖花へのコンプレックスで「東京の娘は可愛い」と言うのは違和感あった。映画観てる観客は波瑠の良さが分かってるから。あれは「ゆるふわ」とか日焼けとかゴツゴツとかそういう比較に話を持っていくべきだった。波瑠のファッションもお姫様系ではないし、ユニセックスな服だけど、似合ってて申し分ない状態なのだし。

「東京の娘は可愛い」と言われた竹富聖花は、イラっとくる可愛さ。多分、映画観客に嫌われるような演出がちょっと加わってるのだろう。この役の好感度が高くなって波瑠を食ってしまうようではいけない。

ふらっと来て、波瑠のニセ恋人役を演じる小柳友。ちょっと日本人らしからぬ図々しい感じが役に合ってた。年齢不詳であるのも、まずまずいい。

波瑠の元彼役、桜田通。残念だが彼だけ良くない。波瑠がこいつに惚れていたという魅力を感じないんですよ。自分が男だからってのを差し引いても、こいつだったら急に帰ってきてドキマキするのもしょうがないという説得力がない。顔が美形っぽくないとしても、それ以外でアピールできるところがないと恋愛ドラマとして成立せん。

沖縄出身応援枠でチョイ役にダチョウ肥後、パッション屋良、ダンディ坂野が出てるが、ダンディが黄色いスーツを着て映画一本ダメにする訳にもいかず、その代わりに真っ黄色のタオルをいつも握ってるってのはとっても可愛く思った(ホモじゃないけど)。

しかし、やっぱりラストの帳尻合わせは煙に巻かれているようであるなあ。


【銭】
新聞屋系の招待券を貰った。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
がじまる食堂の恋@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
がじまる食堂の恋@映画好きパパの鑑賞日記
がじまる食堂の恋@ノルウェー暮らし・イン・原宿
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4106-77d79a67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad