ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ドラキュラZERO』をトーホーシネマズ日本橋5で観て、設定ゆるゆるでね?ふじき★★★

五つ星評価で【★★★ゆるうてもビジュアル面で面白い】
  
一番の見せ場は予告編なりTVスポットなりで見せてしまっている。
「ワラワラワラドゴーン」みたいなところ。
映画内で何回か繰り返すけど、あそこは都度おもろい。
一番の見せ場になんないといけないトルコ王との一騎打ちが今一なのと好対照。
トルコ王がビジュアルいかさないしなあ。

それにしてもドラキュラ(吸血鬼)の能力属性が適当ではっきりしない。

・銀に弱いのは元々、狼男の属性。
 銀器がヒ素(毒物)に反応する事から、
 広義では魔物全般に効くとされるが、
 クラッシックな吸血鬼映画で「銀」がキーワードになった物はない。
 元々、モノクロの映画に銀は映りづらいのだろう。
 狼男は銀の十字架を溶かした弾丸だから、スクリーン映えは無関係。
・蝙蝠化するが、洞窟のシーンで、親株の吸血鬼に対して蝙蝠が逃げたと
 言ってたから、蝙蝠は別に子飼いの式神みたいな使い方をされる言われはない。
 同じ属性なら「蚊」でもいいだろ。「蛭」は使いづらいからないだろうけど。
・血を吸うまで三日の猶予で怪物化を避けられるなんて設定は初めて聞いた。
 これはこの映画独自の設定なんだろうけど、葛藤は割とお約束程度の薄さ。
・反キリスト的な立場から、十字架や教会などは鬼門の筈だが、
 今回のドラキュラは教会の中に入って神に祈りを捧げてしまう。おいおいおい。
 その癖、部下の吸血鬼は十字架を恐れたりする。どっちやねん。
・日光が弱点は流石に変わらないが、我慢すれば耐えられるっぽい描き方。
 日本軍じゃないんだから、精神論で日光に勝っちゃいかんだろう。
・ニンニクとか鏡については出なかったな。
・初めから吸血鬼の下僕になる人間がいる。あれもどうなのか、と。
・ドラキュラの親株吸血鬼が呪いの相殺で長生きってのも何か変。

基本、吸血鬼が何者と言うコンセプトがスタッフ間で適当だったんだろうなあ。

奥さんの顔立ちがビックリしたピエロみたいな顔。
可愛いんだけど、ここは美しい路線の美女のキャスティングだったな。

「ZERO」が芽生えを表す邦題は中々よいと思うのだけど評判は良くない。
ちなみに親株吸血鬼は「ドラキュラ・マイナス1」になるのだろう。
ああっ「ドラキュラ・ルート1/2」とか日本のマンガにありそうでたまらない。

「ドラキュラZERO・ONE」仁王像を破壊しながら復活。
ハカイキュラ、ガッタイキュラ、ワルキュラ、ビジンキュラとか出てくる。
トランペットを吹くドラキュラって異質すぎて笑うな。


【銭】
トーホーシネマズのメンバー割引キャンペーンで1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ドラキュラZERO@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ドラキュラZERO@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
ドラキュラZERO@徒然なるままに
ドラキュラZERO@ペパーミントの魔術師
ドラキュラZERO@こねたみっくす
ドラキュラZERO@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記

PS とりあえず、あれだ。プリン体とか含まれてない吸血鬼だ、きっと。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4117-c804ebaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad