ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

曽根中生5本をシネマヴェーラで観て、なるほどふじき

「追悼特集 曽根中生伝説」から3番組。

基本的に曽根中生監督とはソリが合わない事が分かった。
この人は話や登場人物の感情より、自分の絵心をドーンと出したい人なのだろう。
そういうタイプの映画はちょっと苦手。

◆『白昼の女狩り』
五つ星評価で【★★普通にゲリラな感じの映画】
冒頭、織本かおる(と思う)のおしっこ漏れちゃいそう演技が迫真。

なぎら健壱が南伸坊を銃殺するシーンって日本サブカル史的に大事だったり貴重だったりしないだろうか。南伸坊がそっと長嶋さんの物真似をやってるのも何かいい。

個人的には感情の乗らないどうでもいい映画なんだけど、
ミリタリー男が出てきて、目ぼし付けた女を犯すか殺すかやって、
最後は女の逆襲にあって殺されちゃうって実も蓋もないゲリラな映画なので、
感情が乗らない方が幸せかもしれない。


◆『スーパーGUNレディ ワニ分署』
五つ星評価で【★★内田裕也と岸田森と古尾谷雅人ってワキがステキ】
主役の横山エミーは多分、篠原とおるが描くマンガ女にそっくりなんだと思う。相棒のジャンボかおるもこんな感じのブスいキャラっぽい外観がピッタリで、実に納得の行くキャスティング。でも、横山エミーの褐色の肌はかっけーんだけど、演技はしっかり大根。何か強くてピシっとしてなければいけないのに始終フラフラしてるっぽい。そう言えばオセロの黒い方に似てる。話の中で主役の横山エミーがヤク打たれてヘロヘロになって、SEXは元より警察内部情報まで漏らす部分が痛すぎて、ヤクの怖さが強烈にアピールされる。というより、それが最後まで引きずってしまって、映画自体のスカっと感が小さい。やっぱ主役が弱いとアクション映画は締まらない。
警察上司の岸田森は出てるだけで嬉しくなる。個人的に鉄板。
銀行強盗で威勢のいいバカ悪が古尾谷雅人。がなる声が似あうんだ、この人。IQ低くて大声で怒ってる役はこの人が一番じゃないかと思う。
銀行強盗で冷静な狂犬、内田裕也がアウトローのかっこよさを撒き散らす。映画は適当なんだけど、内田裕也が出てるだけで、銀行くらい強盗するだろ、オラオラみたいな説得力が出て堪らなくいい。


◆『性盗ねずみ小僧』
五つ星評価で【★★ねずみ小僧役、五條博の丁稚時代のキモっぽさが山崎邦正っぽくてどうも好きになれない】
ラスト、パカパカパカパカという感じで終わるのは効果ではなく、尺の計算とか間違えたんちゃうんかってくらい、演出に信用おけない。
ポスターのヒジュアルは女鼠小僧だが、映画ではそういうのは皆無。


◆『性談 牡丹燈籠』
五つ星評価で【★★★仏教の呪術的ビジュアルはかっけー】
女幽霊お露役の小川節子が清純な壇蜜という感じで中々いい(大根ではない)。
お露に惚れられる浪人の長屋隣の奥さんが鈴木杏っぽい。


◆『現代娼婦考 制服の下のうずき』
五つ星評価で【★★★主役の姉ちゃんが好み。話はなんだかなー】
潤ますみの美人でヤサグレてる感じが好みだが、話が虐められて虐められて最後に一発はじき返すみたいな感じなのだが、はじき返すまでがどうにも長い。主人公が理不尽に耐える姿は耐える理由がないとどうにもきつい。


【銭】
くユーロスペース会員割引で二本で1000円×2、ラス1本夜間割引は800円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
白昼の女狩り@ぴあ映画生活
スーパーGUNレディ ワニ分署@ぴあ映画生活
性盗ねずみ小僧@ぴあ映画生活
性談 牡丹燈籠@ぴあ映画生活
現代娼婦考 制服の下のうずき@ぴあ映画生活
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4180-09bc11f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad