ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』『オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主』を新文芸坐で観て、まあまあんもうんもうふじき★★

初春のあまり記憶にない映画の感想をボコボコつぶしてく祭り(2014年の鑑賞作品を潰していくぞ)。

◆『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』
五つ星評価で【★★たるんたるん】  

ジム・ジャームッシュのオフビートな映画。
いかん、どうにも「オフビートな映画」って奴は苦手なんだ。
どうにか耐えられたが、観ててやっぱり退屈はしてた。

ティルダ・スウィントンのギリシャ彫刻のような病的に白い肌は魅力的だ。
乱入してくるミア・ワシコウスカにイライラ。
世界がどんな世界であっても、
その成り立つルールを考えなしに破ろうとする者にはイライラさせられる。


◆『オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主』
五つ星評価で【★★★★面白かった】 

もう、ほとんど記憶がないがメチャクチャ面白かった。
なんでこれが限定ロードショーとか言って一週間しか上映されなかったんだろう。
それもとっても悪い時間帯オンリーでだ。
せっかく券を買ったのに風邪ひいて行けなくてあきらめた。 
という事で、この新文芸坐での上映は滅多にないセカンドチャンスだった。

ありがとう。新文芸坐。
内容に触れないのは記憶がネタバレることぐらいしか残ってないからだ。


【銭】
通常料金1300円(オッド・トーマスは別途1800円無駄払い済)。

あまり見たことを大っぴらにしない扱い。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4185-8e750df8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad