ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『猿の惑星:新世紀』を新宿ミラノ1で観て、贅沢な映画鑑賞にウハウハふじき★★★★(ネタバレ)

初春のあまり記憶にない映画の感想をボコボコつぶしてく祭り(2014年の鑑賞作品を潰していくぞ)。

五つ星評価で【★★★★娯楽として王道】  

単純に面白い。
いがみ合う二つの種族。
彼等にはそれぞれの正義がある。

「猿」という動物の姿をしているが、
これは異星だったり異次元だったり
別世界の知的生命体とのコミュニケーションをちゃんと描いた映画。
というより、猿社会の方が人間らしくて、
人間側はその猿に対応する狂言回し種族みたいな感じに扱われてる。

シーザーを演じたアンディ・サーキスはもちろん素晴らしいのだが、
敵役として君臨するコバ(トビー・ケベル)の分かる境遇と
それでいて許し難い忌々しさが素晴らしい。

ラスト、コバは「エイプはエイプを殺さない」という
シーザーの信条を楯に許しを乞うのだが、
「お前はもはやエイプではない」というシーザーの判断により処刑されてしまう。
ちょっとロボコップのジレンマを思いだした(会社に帰属する者を殺せない)。
では、コバはエイプでなくなったなら、何になったのか。
勿論、ヒトであろう。同種を殺す種はヒトくらいである。
そして、ヒトと断定したエイプ・コバを殺すシーザーも
また、エイプでいられないという悲しいジレンマが漂う。
民衆に支持されている事はその事実を見えにくくしているに過ぎない。

実に面白かった。
ミラノ座のでかい画面が爽快だった。
いやあ、贅沢な映画ファン感謝デーだった。


【銭】
映画ファン感謝デーで1100円。

あまり見たことを大っぴらにしない扱い。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4196-f1198b77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad