ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『殺人ワークショップ』をUPLINK Xで観て、冒涜に酔い酔いふじき★★★★

初春のあまり記憶にない映画の感想をボコボコつぶしてく祭り(2014年の鑑賞作品を潰していくぞ)。

五つ星評価で【★★★★白石晃士にまた震えろ】  

『ある優しき殺人者の記録』以上にテイストとしてはヤバい作品。
でも、そういうのを目を覆うようにしながら隙間から見るのが
映画マニアの醍醐味よお(本当か?)。

この映画内での殺人の価値観は次のような物だ。

人はあまりに人の尊厳を踏みにじられる行動を取られた場合、
相手を殺してしまう、事も許される。
そして、その延長として、覚悟さえあれば、
前向きにどんどん人を殺していい。
いや、人を殺さない方がおかしい。
何故、あなたは人を殺していないのか。

もう、この価値観の設定がぶち切れている。
面白くてたまらない。
そして、この自分とかけ離れている筈の価値観が、
映画を見ていると自分に侵食してくる、楽しさったらない。

『殺人ワークショップ』という作品は、
映像俳優コースの実習作品として作られているので、
巨星のように映画の中心に君臨する狂人・宇野祥平以外は
だいたい素人の役者さんで撮られている。

その素人の役者さんの日常が、明らかにこの映画によって
侵食されているだろうとしか思えない、
凄みのある映像はやっぱり必見だと思う。


【銭】
一般1600円の興行だったが、『ある優しき殺人者の記録』の半券割引で200円安い1400円で鑑賞。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
殺人ワークショップ@ぴあ映画生活
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4209-df6d435d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad