ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『パンク・シンドローム』をシアター・イメージフォーラム1で観て、ギャップを見落とす男ふじき★★

五つ星評価で【★★普通に感じてしまった】

知的障害者4人によるパンクバンド「ペルッティ・クリカン・ニミパイヴァド」を扱ったドキュメンタリ映画。

適度に情報をシャットダウンしてたので、
「知的障害者」ではなく「障害者」と思って見に行った。
もちっと脳性マヒとかで身体が動かない人をイメージしてたのだ。
『おそい人』みたいに、物凄い衝動をパンクにぶつける人をイメージしてた。
なので、スクリーンに映った4人はとっても普通の
単にちょっとノンビリした人達に見えた。
言ってる事も彼らなりの悩みだが、理解ができる。普通だ。
理解できない事は言ってない。
いや、逆にメッセージソングだから、
理解できないまでに異質に先鋭化してしまったら意味はないのだ。

曲や人にヒリヒリを感じられなかった。

だからなのか、ちょっと興味が薄れて軽く居眠りをしてしまった。
いけませんね。どんな人にもちゃんと興味を持たないと。
ああ、おではやっぱ女子高生でパンクやって、ライブでパンツ、
バンバンめくれちゃうような対象の方が好きなんだな。
それって人の方向として正しくはないけど、
人の在り方としては小市民的で実にノーマルだ。


【銭】
チケット屋で額面1300円の前売券を1280円でゲット。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
パンク・シンドローム@ぴあ映画生活
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4238-c18f89a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad